ニュース
» 2017年10月14日 13時00分 UPDATE

3週間ぶりに再会したサルの親子 ギュっと抱き合う姿にジーン

子ザルちゃんはけがを治療するためママと離れていました。

[かのん,ねとらぼ]

 ケガの治療で離れていたサルの親子が再会する様子を、南アフリカにあるサルの保護施設「Umsizi Vervet Rescue Center」の関係者が公開しています。

 施設の庭でケージから出てきた1匹の子ザル。すぐそばの建物の屋根の上にお母さんサルを見つけ、屋根に一生懸命登ろうとしています。そんな子ザルを見つけたお母さんサル、すぐに駆け寄ってなかなか登れない子ザルを救い上げます。子ザルをぎゅ〜っと抱きしめるお母さんサル。

猿 子ザルに気づいたお母さんサル
猿 おかえり!

 子ザルは足をケガし、治療のため3週間ほど親と離れて保護施設の職員のもとで過ごしていました。久しぶりの再会を喜ぶ親子。子ザルを抱きしめるお母さんサルの愛情の深さが伝わってきます。他の仲間もやってきて、子ザルが帰ってきたことを歓迎しているようです。

猿 おかあさんだいすき!

 ずっとぎゅうぎゅうと抱き合うサルの親子。移動もお母さんのお腹に抱きついて運んでもらっています。

 治療中、職員さんの手厚いケアを受けて過ごしていた子ザルですが、やはりお母さんと過ごすことにはかなわないよう。離れていた分、お母さんにいっぱいいっぱい甘えてね!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう