ニュース
» 2017年10月16日 05時10分 UPDATE

【速報】サムライパイロット・室屋義秀が日本人初のレッドブル・エアレース年間総合優勝! 

両手で操縦かんを握る“サムライ・スタイル”で知られる室屋選手が悲願の年間総合優勝です!

[Kikka,ねとらぼ]

 日本時間10月16日、レッドブル・エアレース最終戦となるインディアナポリス大会が開催され、年間総合優勝が期待されていた室屋義秀選手が見事優勝し、年間チャンピオンとなりました。


レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 年間総合優勝を果たした室屋義秀選手(Joerg Mitter / Red Bull Content Pool)

レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 会場には君が代が流れた(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 チーム一丸となっての勝利(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 左からマルティン・ソンカ選手、室屋義秀選手、ピート・マクロード選手(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

 最高時速370キロ、最大重力加速度10Gの中、世界最高の飛行技術を競うレッドブル・エアレースは“空のF1”とも称される競技。全長4キロのコースに配置された高さ25メートルのエアゲート(障害物)の間を飛行するタイムアタックです。


レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 愛機に乗り込む室屋義秀選手(Samo Vidic/Red Bull Content Pool)

レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 室屋選手の愛機はミントグリーンを基調にしたEdge 540 V3(Andreas Langreiter / Red Bull Content Pool)

 日本人パイロット・室屋選手は今季、千葉大会を含む3勝をあげており、年間総合優勝圏内。会場には日本人初のインディ500覇者・佐藤琢磨選手も激励に訪れるなど、活躍が期待されていました。


レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 激励に駆け付けた佐藤琢磨選手(Samo Vidic/Red Bull Content Pool)

レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 トップレーサーとトップパイロットの貴重な2ショット(Samo Vidic/Red Bull Content Pool)

 前日に行われた予選ではペナルティの影響により11位通過と出遅れた室屋選手。決勝では初戦から年間総合ランキングトップのマルティン・ソンカ選手との試合というドラマチックな展開に。強風が吹き荒れるなか先行でフライトした室屋選手は、インコレクト・レベル・フライング(ゲート通過時の水平姿勢が崩れた場合のペナルティー)で+2秒のペナルティーを受けながらも1分06秒134の好タイムでゴール。

 後攻のソンカ選手も風をものともしない攻めの姿勢を見せますが、機体がエアゲートに接触してしまう「パイロンヒット」により+3秒のペナルティーが科せられ、1分07秒866と室屋選手が辛くも競り勝ちました。


レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 エアゲート(編集部撮影・画像は千葉大会2017のもの)

レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 機体が接触するとパイロンがカットされ、+3秒のペナルティーが科される(編集部撮影・画像は千葉大会2017のもの)

 初戦を終えた室屋選手は厳しい表情を崩さず、「ゲームはゲームとはいえ、この風の状況。難しいフライトだった」と振り返り、「コンロールを失うところはあったが、良いフライトだった。予選ではバランスを崩してスピードに乗れないところがあったが、今日は行けると思う」と強気のコメントを残しました。

 このラウンド・オブ・14では風の影響を受けてベテラン勢のパイロンヒットが続出。波乱の展開となりましたが、室屋選手の年間総合2位以内が確定しました。また室屋選手に敗れたソンカ選手は、敗者復活によりラウンド・オブ・8に駒を進めました。

 ラウンド・オブ・8ではフランスのルーキー、ミカ・ブラジョー選手と対戦。ブラジョー選手は風の影響を受けながらも、ノーペナルティーの1分07秒126でフィニッシュ。安定した飛行で、室屋選手にプレッシャーを与えます。


レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 両手で操縦かんを握る“サムライ・スタイル”は室屋選手の代名詞(Joerg Mitter / Red Bull Content Pool)

 対する室屋選手は196ノットでスタートするとぐんぐん加速。ノーペナルティーで、1分04秒557の好タイムでゴール。圧巻の飛行でブラジョー選手を下しました。

 今季最後のフライトとなるラウンド・オブ・4では、エアパイロンをギリギリでかわす超絶飛行を見せた室屋選手。攻めに攻めた飛行ながらも、抑えるところはしっかりと決めて、1分03秒026という驚異的なタイムでゴールしました。このフライトには佐藤選手も大興奮! 両手を高く上げて拍手するなど、室屋選手を讃えました。

 また滑走路に戻った室屋選手も駆け付けたファンに対して、キャノピーを上げて挨拶。ソンカ選手のタイムが確定し、獲得ポイント74で悲願の年間総合優勝を決めました。


レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 1年間レースを追い続けた実況の辻さんとガッツポーズする室屋選手、佐藤選手(Joerg Mitter / Red Bull Content Pool)

 室屋選手は年間総合優勝について「ファン、チーム、家族みんなの後押しがあって出た記録」と語り、目には熱いものが光っていました。室屋選手、本当におめでとうございます!


レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 ワールドチャンピオンだけが許される伝統の“ブリックヤードキス”をする室屋選手と佐藤選手(Joerg Mitter / Red Bull Content Pool)

レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 感無量の二人(Joerg Mitter / Red Bull Content Pool)

レッドブル エアレース 室屋義秀 年間総合優勝 千葉大会で「おめでとうございます!」と声をかけたところ笑顔を見せてくれた室屋選手(編集部撮影・画像は千葉大会のもの)

(Kikka)

関連キーワード

レッドブル | 優勝 | 日本 | 撮影 | ゲーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう