ニュース
» 2017年10月16日 10時00分 UPDATE

「認識が極めて不十分であったことを深く反省」 フジテレビ「保毛尾田保毛男」騒動について公式サイトで謝罪

「ホモ」という言葉が男性同性愛者に対する蔑称であるとの指摘があったとのこと。

[Kikka,ねとらぼ]

 フジテレビは「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」に登場した「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」についての一連の騒動に関して、おわび文を番組公式サイトに掲載しました。


保毛尾田保毛男 フジテレビ 番組公式サイトに掲載されたおわび文

 問題となっていたのは9月28日放送回で、石橋貴明さん扮するキャラクターで同番組の初期に活躍した「保毛尾田保毛男」を復活させたというもの。フジテレビによると、LGBT等性的マイノリティーを揶揄(やゆ)する意図はなかったものの、放送後に視聴者から「ホモ」という言葉が男性同性愛者に対する蔑称であるとの指摘があったとのことです。


保毛尾田保毛男 フジテレビ 石橋さん扮する保毛尾田保毛男のイメージ

 こうした指摘が相次いだことについてフジテレビは「そのような単語を安易に使用し、男性同性愛者を嘲笑すると誤解されかねない表現をしたことで、性的少数者の方々をはじめ沢山の視聴者の皆様がご不快になったことに関して、深くお詫び致します」と陳謝しています。


保毛尾田保毛男 フジテレビ 9月28日放送回は30周年特別SPで懐かしのキャラクターが登場する演出があった

 また「保毛尾田保毛男」が長年にわたって与えていた影響や子どもたちへの影響、LGBTなどを取り巻く制度改正や社会状況について「私共の認識が極めて不十分であったことを深く反省しております」と認識不足があったことを認めたうえで寄せられた意見を真摯に受け止めたいとし、今後は「多様性(ダイバーシティ)のある社会の実現のために正しい知識を身に着け、より良い番組作りを進めて参りたいと考えております」と結んでいます。

(画像:フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」公式サイトより)

(Kikka)

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう