ニュース
» 2017年10月16日 12時56分 UPDATE

ビックカメラ、ARで家電を実物大表示できるサービス 自分の部屋でレイアウトを試せる!

「買ったけど、なんか違う……」が防げそう。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 ビックカメラは10月16日、スマートフォンのAR(拡張現実)アプリを使って家電製品を部屋に実物大で合成表示できるサービスを試験的に始めました。


ビックカメラのAR いままでメジャーでわざわざ測っていた手間がなくなる

 「scale post viewer AR」アプリをダウンロードして、ビックカメラ・ドットコムの専用ページにアクセスし、試したい商品のQRコードをアプリでスキャン。家電を置きたい場所にARマーカーを置いて、スマホをかざすと実物大の商品が表示されます。ビックポイントカードをARマーカーとして使うことも、scale post viewer ARのサイトからARマーカーをダウンロードして印刷することも可能です。


ビックカメラのAR 自分の部屋に突然あの家電が現れる

 商品は垂直・45度・水平・並行の4つのモードで表示。「商品を購入する前に、自分の部屋に商品を配置した際のサイズ、色合いや雰囲気を確かめたい」という希望がかないます。


ビックカメラのAR 4つのモードを使えるから、イメージにより近づいた仮想のレイアウトが可能

 対象の商品は48種。冷蔵庫や65型テレビなどの大型家電から、電子レンジや炊飯器などのキッチン家電、スピーカー、掃除機、さらには腕時計などの小さなアイテムまでがあり、さまざまなレイアウトを試せます。


ビックカメラのAR 大型家電・家具から……

ビックカメラのAR キッチン家電まで

 対応機種はAndroid 4.1以降、iOS 8.0以降のスマートフォン。家電の購入でいちばん怖い「買ったけどなんか違う」「思ったより大きい」を防げる、失敗したくない人にはうれしい取り組みです。



辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう