ニュース
» 2017年10月16日 16時00分 UPDATE

「日本一のモグラ駅」上越線土合駅を潜る動画が完全にバイオハザード 下りホームまで深さ約70メートル

駅舎から下りホームまでの距離約500メートル。なが〜。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 上越線土合(どあい)駅(群馬県)は、下りホームが地下深くにあることから「日本一のモグラ駅」として有名。そんな改札からの長い道のりを収めた動画が、Twitterで注目を集めています。


トンネル うわああああ

 駅舎からホームまでの距離は約500メートル、標高差は約70メートル。投稿者のピッチブレンドさん(@p_gotcha)は、約15分かけて撮影しつつ通路を踏破。早回しで編集したにもかかわらず、改札からホームに至るまでの動画は1分強と、行程の長さを物語っています。明かりもおぼろげで人もほぼおらず、まるでホラーゲームのよう。


改札 これがダンジョンの入口……でなくて改札

通路通路 階段の長さが有名ですが、そこに至るまでの通路もかなり長い

階段 トンネルに入ると、同じような下り階段が数十秒続きます。右手にはエスカレーターが設けられる予定がありましたが、いまだに実現はしていないそうです

出口 出口を抜けると……

ホーム ついにホームが。ここまで人影がまるでなく、軽く恐怖を味わえそうです

 動画は11万回以上リツイートされ、「HUNTER×HUNTER」のハンター試験や「バイオハザード」を連想するリプライが多数。「発車時刻5分前だと間に合わなかった」「トンネル内は一年中真冬なので上着必須」など、大変そうな体験談も散見されます。駅の付近には谷川岳があり、登山客のウォーミングアップとしてはちょうどいいのかもしれません。


画像提供:ピッチブレンドさん(@p_gotcha

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう