ニュース
» 2017年10月16日 18時00分 UPDATE

「猫バンバンしてくれてありがとミャ!」 車のボンネットからヨロヨロ子ネコを救出→真っ白元気に!

車に乗る前に、バンとたたいて耳をすます「猫バンバン」の季節が近づいてきました。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 兵庫県の姫路三菱自動車販売太子店で、車のボンネットに入った子ネコが救助されました。



 ことの始まりは10月2日。「ネコの声がする」というお客さんの来店で、サービススタッフが車を確認したところ、「ニャー」と声が聞こえたそうです。ボンネットを開けてみると、そこには潜り込んでいるネコちゃんの足が!


猫バンバン 助かったミャ……

 子ネコは冷え込む中で雨に打たれ、温かかったボンネットに避難してしまったのでしょうか。サービススタッフが慌てて救助しましたが、出てきた子ネコは雨とオイルで薄汚れ、弱ってしまっていました。

 その後、子ネコはエサを与えられて、すっかり元気に。太子店のスタッフさんが連れ帰ったお家でなんとそのまま飼ってもらえることになったそうです。名前も“そら”ちゃんに決定したことがブログを通じて報告されました。


猫バンバン にゃーん! 見違えるほど真っ白!

 姫路三菱自動車販売太子店は新聞やテレビの取材を受け、そらちゃんは「ボンネットに入っていた子ネコ」としてさまざまな方面から注目を集めています。

 子ネコの救助を報告したブログやツイートでは、早速「猫バンバン」の呼びかけが行われていました。寒くなり始めたこの時期ですから、そらちゃんの存在はドライバーへの注意喚起にも一役買ってくれそうです。



 「猫バンバン」は、ボンネットをたたいたり車体を揺らし、車の内部にネコがいないかをドライバー自身の耳で聞くセルフチェック。寒い時期や冷え込みの厳しい日は、このように車のエンジンルームやボンネットにネコが入り込むおそれがあり、コンビニに入る程度の短い時間でもまったく油断できません。もしもニャーと聞こえたら、ボンネットの中やタイヤの隙間を必ず目で確認してくださいね。

画像提供:兵庫三菱Web編集局



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう