ニュース
» 2017年10月16日 23時38分 UPDATE

Wi-Fiの暗号化技術「WPA2」に脆弱性が見つかる ユーザーは速やかにデバイスのアップデートを

WPA2は暗号化技術の中でも特に安全性が高いとされており、ネット上でも衝撃が走っていました。

[ねとらぼ]

 無線LANの主要な暗号化技術の1つ「WPA2」に脆弱性が見つかったとして、業界団体であるWi-Fi Allianceは10月16日、公式に声明を発表しました。脆弱性の存在については認めつつも、ソフトウェアアップデートによって対策可能であるとしています。


WPA2 脆弱性 Wi-Fi Allianceによる説明

 発端となったのは、ベルギーのネットワークセキュリティ研究者、マシー・ヴァンホフ氏(@vanhoefm)の指摘。同氏はこの脆弱性を「KRACKs」と名付け、「Key Reinstallation Attacks(暗号鍵再インストール攻撃)」と呼ばれる手法を用いることで、暗号化を破ることができると指摘していました。WPA2は従来、Wi-Fi暗号化技術の中でも特に安全性が高いとされていたため、この報告はネット上でも大きな話題となっていました。

 Wi-Fi Allianceの発表によると、この問題は機器側のセキュリティパッチにより対策でき、主要なデバイスメーカーは既にアップデートの提供をはじめているとのこと。併せてユーザーにも、速やかに最新のアップデートを確認し、適用するよう呼びかけています。

 「KRACKs」および「Key Reinstallation Attacks」については、ヴァンホフ氏自ら専用のサイトを立ち上げ、詳細な解説や、実際に暗号を突破するデモンストレーション動画などを掲載しています。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう