ニュース
» 2017年10月17日 12時00分 UPDATE

あの「幻の駅」が車窓に!? 東京メトロの90周年記念イベントが面白そう

「旧万世橋駅」と「旧神宮前駅」をライトアップ、実施は12月予定。アルゼンチン帰りの「丸ノ内線旧500形車両」も公開。

[ねとらぼ]

 東京地下鉄(東京メトロ)が地下鉄開通90周年イベントを10月27日から実施する。

 日本の地下鉄は、1927年(昭和2年)に上野−浅草駅間(現在の東京メトロ銀座線)で誕生。2017年で地下鉄開通90年を迎える。この記念イベントは、「これまで」「今」「これから」をテーマに2018年1月24日まで90日間実施。スタンプラリーやスマホ連動のプレゼント企画から、普段は入れない「新木場総合研修センター」「中野車両基地」の一般公開、構内に残るが現在は使われていない幻の駅「旧万世橋駅」「旧神宮前駅」のライトアップ、開通当時の旧1000型を復刻した「銀座線1000系特別仕様車両」を運行する催しなどが行われる。

「幻の駅」をライトアップ

 12月上旬から中旬(予定)にかけて、現在は使われていない銀座線内の旧駅「万世橋駅」と「神宮前駅」をライトアップし、運行中の車窓から眺められるようにする。

photo 「旧万世橋駅」と「旧神宮前駅」をライトアップ。車窓が楽しみ(写真:東京メトロ、以下同)

「中野車両基地」の一般公開(応募制)

 銀座線・丸ノ内線の車両基地「中野車両基地」を一般公開する。銀座線と丸ノ内線の「1000系特別仕様車両」「02系車両」、銀座線で使われていた「01系車両」(関連記事)、そして国内運行の引退後アルゼンチンへ渡り、2016年に里帰りして補修工事を行っていた「丸ノ内線旧500系車両」をまとめて公開する。実施日は2017年12月10日。参加は応募制で、募集人数などの詳細は後日告知される。

photo 丸ノ内線旧500系車両

「総合研修訓練センター」の一般公開(応募制)

 東京地下鉄新木場車両基地に隣接する社員教育施設「総合研修訓練センター」(2016年4月開設)を一般公開する。実施日は2017年12月3日。参加は応募制で、募集人数などの詳細は後日告知される。

photo 新木場の総合研修訓練センターを一般公開。○○を体感できるかも(妄想)

地下鉄開通当時の「旧1000形」を模したイベント車両の運行、係員制服の復刻(一部応募制)

 地下鉄開通当時の「旧1000形」をモチーフにした特別仕様の車両を運行。併せて、地下鉄開通当時の係員の制服も復刻する。実施は2017年12月17日。参加は応募制で、募集人数などの詳細は後日告知される。

昭和7年発行の乗車券を復刻アレンジした「新春デパート巡り乗車券」を発売(事前抽選制)

 東京地下道時代の1932年(昭和7年)に発売された乗車券「デパート巡り券」をアレンジしたお得きっぷを発売する。発売時期は2017年12月下旬を予定。詳細は後日告知される。

 このほか、イベント期間全日で各駅のスタンプラリーや東京メトロアプリ連携のプレゼントクイズ企画、地下鉄博物館特別展、「Tokyo Metro To Me CARDの地下鉄開通90周年限定デザイン」の発売、シンポジウムなども催される。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう