ニュース
» 2017年10月17日 21時35分 UPDATE

Netflix2018年度にオリジナルアニメ30作、映画80作を予定 予算は約9000億円

ちょっとぴんとこない額ですが。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Netflixの第3四半期決算が公開され、2018年度にコンテンツに費やす予算が70〜80億ドル(約7900億円〜9000億円)になると発表されました。ちなみに昨年同時期に発表された2017年度の予算は60億ドルでした。

Netflix2018年度にオリジナルアニメ30作、映画80作を予定 予算は約9000億円 すごい額をコンテンツ製作に投資(画像はYouTubeより

 合わせて公開された同社役員へのインタビュー動画で、チーフコンテンツオフィサーのテッド・サランドスさんがオリジナルアニメシリーズを30作品、オリジナル映画80作品を2018年度リリースに向けて準備中だと語っています。

 アニメについては世界中で製作が進んでいると説明していて、日本で作られている作品以外の数も含められている模様。

Netflix2018年度にオリジナルアニメ30作、映画80作を予定 予算は約9000億円 アニメ30作品を予定していると語るテッド・サランドスさん(動画の35分ごろより)

 Netflixは2015年の日本でのサービス開始以来、オリジナルアニメ製作ではそれほど目立った印象がありませんでしたが、2017年に入り一気に作品数が増加。湯浅政明監督の「デビルマン」をはじめ、「リラックマシリーズ(仮)」や「B: The Beginning」など、家族向けの作品から大人が楽しめる作品まで、幅広いオリジナルアニメのラインアップで注目を集めています(関連記事)。


関連キーワード

アニメ | Netflix


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう