ニュース
» 2017年10月17日 23時02分 UPDATE

ソニーの新たなホームロボット「Xperia Hello!」登場 家族を識別して話しかけコミュニケーションを促進

かわいらしく頭部を振って話しかけてきます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが、新たなコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を11月18日に発売します。家族の一人一人をセンサーで識別し、話しかけて会話を取り持つのが主な機能。価格はオープンで、ソニーストアでの販売価格は14万9880円(税別)となっています。


本体 上部にカメラ、中央に4.55インチの液晶ディスプレイを搭載。球状の頭部やボディーが回転して豊かなしぐさを見せます

イメージ 家族の会話のきっかけに

 インターネット機能を備えた、高さ約216ミリの筒形ロボット。登録された家族の顔をカメラで認識するとあいさつをしたり、交通情報や誕生日といった各人に関連する情報を伝えたり、親しみやすいしぐさで話しかけます。ユーザー側から話しかけ、Wikipediaで調べ物を頼むことも可能。


情報 利用している通勤路の情報や関心のあるニュースを、各人に合わせて提供

 スマートフォンから送ったLINEのメッセージを受け取って声で伝えたり、Skypeのビデオ通話端末になったりと、家の内外にいる家族間の会話を仲介する機能も。家族を指定して、ビデオメッセージで伝言を残すこともできます。


LINE 外にいる家族からLINEのメッセージを受け取ると、指定された家族へ音声で伝える

Skype Skypeのビデオ通話端末にも

ビデオメッセージ ビデオメッセージを伝言として残しておくと、あとで家族に伝えてくれる

 家の様子を写し、LINEを介してスマートフォンへ伝える見守り機能も搭載。360度回転して周囲を見渡し、家族がいつごろまで家にいたかといった状況をくわしく伝えてくれます。


見守り 家族の様子が気になるときに


(沓澤真二)


関連キーワード

家族 | Xperia | ロボット開発 | ロボット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう