ニュース
» 2017年10月18日 16時00分 UPDATE

ヒカルら人気YouTuber所属のVAZ 非大卒者向け就活支援アプリ「バズキャリア」を提供開始

非大卒の18〜22歳「第0新卒」の企業マッチングサービスなど手掛ける。

[ねとらぼ]

 ヒカルさんなど人気YouTuberが所属するVAZは10月18日、非大卒者向けの就活支援アプリ「バズキャリア」を本格的に提供開始しました。非大卒の18〜22歳を「第0新卒」と称し、彼らと企業とのマッチングサービスや就活に有益な情報を提供します。

バズキャリア VAZ ハッシャダイ 第0新卒 アプリ 非大卒者

 バズキャリアは、中・高卒者向けのインターンシップ「ヤンキーインターン」などを手掛けるハッシャダイとの共同運営。7月に試験運用を開始し、8月開催のイベント「NEXTAGE TOKYO」への参加者を募ったところ、1週間で1万4000人の登録がありました。イベントには選考をくぐり抜けた320人の「第0新卒」が一堂に会し、約25社の協賛の下、その中からすでに30人以上が内定を得ていると報告しています。

 本格提供では大幅なアップデートが行われ、次の3つの機能が追加されました。就活・進学・留学などの進路相談を1対1でチャット相談できる「進路相談室」、求人・インターン情報を掲載する機能、そして就職に際したマナーや心構えといったスキルアップ向けのメディア機能です。

バズキャリア VAZ ハッシャダイ 第0新卒 アプリ 非大卒者 アップデートで追加された機能

 VAZはアプリの開発経緯として、現在は多くの企業が優秀な人材採用に悩む一方、高いポテンシャルを秘めた求職者が学歴という採用基準により就業機会を逃していると説明。両者の「もったいない」現状に対する1つの解決策として開始に至ったとしています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう