ニュース
» 2017年10月18日 16時18分 UPDATE

月の地下に巨大な地下空洞発見 月周回衛星「かぐや」のデータで判明

月基地建設にも使える。

[ねとらぼ]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本の月周回衛星「かぐや」に搭載された電波レーダで取得したデータにより、月火山地域の地下数十メートルから数百メートルの深さに複数の空洞が確認されたと発表しました。確認された地下空洞には数十キロ伸びた巨大なものもあったとのこと。


JAXA 地下空洞 かぐや 地下基地にも有用

 月には溶岩が流れた際に形成された地下空洞(溶岩チューブ)が存在すると考えられていました。こうした地下空洞は水などの揮発性物質が見つかる可能性がある他、月面の厳しい環境から守られ、温度も安定しているため、将来の月基地建設地候補としても有用とされています。

 今回の地下空洞が見つかったのは月面のマリウス丘。2009年には「かぐや」の地形カメラによる画像データによってマリウス丘に通常のクレータとは違う直径50メートルの縦孔を発見し、さらに調査を進めた結果縦穴の底に数十メートル以上の空間が広がっていることが確認されていました。


JAXA 地下空洞 かぐや JAXAが公開した縦孔付近の動画より

 縦穴は地下空洞の入り口になる可能性はあるものの数は非常に少なく、科学的探査や基地を作ることができる地下空洞は希少かもしれないとのこと。JAXAは、今回地下空洞が存在する可能性が確実になったことで月の地下空洞の検出を更に進め空洞の探査や月面基地建設に役立つ情報を得ていく予定としています。

関連キーワード

かぐや | JAXA | 衛星 | 日本 | 宇宙


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう