ニュース
» 2017年10月18日 15時50分 UPDATE

自分の代わりに、大好きな人物にひれ伏してくれる写真フレームでオタクライフが捗りそう 「尊い」「推しを飾りたい」

海外ブランド「Umbra」による「リスペクトフレーム」。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 カナダのブランド「Umbra(アンブラ)」による一風変わった写真フレームが、「推しの写真を入れてあがめたい」「尊い」と話題になっています。


リスペクトフレーム ありがたや〜!


リスペクトフレーム 尊い〜!

 写真に向かって、スーツ姿でひれ伏す男性3人のフィギュアが載った「リスペクトフレーム」。人物写真などを入れることで、その人を崇拝しているかのように演出できるというアイテムなのですが、先日、同商品に「推しの写真を入れたい」というツイートが現れ、日本のTwitterユーザーのあいだで「アニメキャラクターなどを飾るのにうってつけなフレーム」として話題になりました。

 「Umbra」の国内代理店「Umbra Japan」によると、「リスペクトフレーム」は海外では「Starstruck Frame(スターに夢中フレーム)」という名称で販売。商品イメージ内の写真に写っているのは3次元の人物ですが、「好きな人を飾るためのアイテム」と考えると、日本流の使い方も意外とコンセプトに合っているかも……?

 ちなみに、「上司の写真を入れて忘年会の景品にしたり、家族の写真を入れて自宅に置いたりという使い方もできる」とUmbra Japan。たしかに、あえて身近な人物の写真を飾っても、ユーモラスな雰囲気が出せそうです。


リスペクトフレームリスペクトフレーム

マッハ・キショ松

関連キーワード

写真 | Twitter | アニメ | インテリア


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう