ニュース
» 2017年10月19日 23時25分 UPDATE

股関節の柔らかさが足への負担を左右すると発見 予防・リハビリへの応用に期待

意外な関係性。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 東京農工大学、帝京科学大学、JAXAの研究チームが、歩行中の足(下肢)に生じる「捻じれストレス」が、足部と骨盤間の相対的な捻れ量に相関することを明らかにしました。この発見により、女性中高年者に多い変形性膝関節症など、歩行や日常生活に関わるさまざまな疾患の予防やリハビリに期待できるとしています。

 足底と股関節は距離が離れているので一見関係がなさそうですが、同研究の結果によると股関節の柔らかさや使い方に問題があると足への捻じれストレスが増大し、膝関節などにも悪影響を与える可能性があるとのこと。

東京農工大学、股関節の柔らかさが足への負担を左右すると発見 予防・リハビリへの応用に期待 足底にかかる「捻じれストレス」の指標は「フリーモーメント」と呼ばれる

 足底部に生じる捻れストレスは「フリーモーメント」と呼ばれる指標で表します。これまでフリーモーメントが大きいと、長距離ランナーの脛骨疲労骨折や脛骨の捻じれ変形に影響を及ぼすと報告されていましたが、フリーモーメントを増減させる歩き方の特徴は今まで不明とされていました。

東京農工大学、股関節の柔らかさが足への負担を左右すると発見 予防・リハビリへの応用に期待 実は足底と股関節が密接に関係していた

 研究チームは同研究について「人間の身体を各分節単位で考えるだけでなく全体としてとらえる必要性を示しており、超高齢社会の健康問題、特にロコモティブ症候群解決の糸口となる疾病予防メカニズムの解明につながることが期待されます」としています。


関連キーワード

大学 | 健康問題 | JAXA


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう