ニュース
» 2017年10月24日 16時58分 UPDATE

NECが「飲める文庫」を開発ってどういうこと!? AIが名作文学の読後感を分析しコーヒーの味わいで表現

「悲しい結末」は「苦み」、「充実感」は「飲みごたえ」にと、文学の読後感を味の要素に置き換えてコーヒー豆をブレンド。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NECがコーヒー豆専門店のやなか珈琲と共同で、ブレンドコーヒー「飲める文庫」を開発しました。AIを活用して名作文学の読後感を分析し、コーヒーの味わいとして表現したとのこと。口当たりが滑らかで苦味の豊かな『人間失格』コーヒーなど、6種類を各950円(税込)で、10月27日から11月30日まで期間限定販売します。


ビーン 文豪の6作品をコーヒー豆で表現

ドリップバック 11月8日〜30日には、6種類を飲み比べできるドリップバックセットも販売(税込2340円)

文庫文庫 ドリップバックは、開くと中からコーヒーが。本当に文庫感覚

 開発に際しては、NECのデータサイエンティストが文学作品に関する1万件以上のレビューを集計。例えばレビューに「悲しい結末だった」とあれば「苦味」に、「読むのに時間がかかったが十分楽しめた」とあれば「飲みごたえ」にと、読後感をコーヒーの味覚指標へ変換して、学習データを作成します。


システム 開発の流れ

味覚指標 読後感を5種類に大別し味覚指標へ変換

 データはディープラーニング技術を搭載したソフト「NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習」に投入し、分析モデルを作成して各文学作品のレビューを分析。こうして作った味覚指標を表すレーダーチャートをもとに、やなか珈琲が豆をブレンドしています。

 モチーフは島崎藤村作『若菜集』、太宰治作『人間失格』、夏目漱石作『三四郎』『こころ』『吾輩は猫である』、森鴎外作『舞姫』の6作品。淡い恋を描いた『三四郎』は甘く、愛憎を描いた『こころ』は苦く、原作のイメージがうかがえます。


若菜集 藤村の詩を爽やかな酸味とクリアな味わいで表現した『若菜集』

人間失格 『人間失格』で淡々と語られる人間の弱さを、滑らかな口当たりと豊かな苦味で表現

こころ 苦々しい人間のエゴを濃厚に表現した『こころ』

三四郎 『三四郎』の恋物語を、甘酸っぱいフレーバーで

吾輩は猫である 『吾輩は猫である』における風刺的でユーモラスな語りをほろ苦さと甘味、キレのある後味で再現

舞姫 『舞姫』のロマンスをソフトな甘味で

 取り扱い店舗は、やなか珈琲店の秋葉原CHABARA店、アトレ亀戸店、コレド室町店、ルミネ北千住店、ルミネ立川店、エキュート赤羽店、アリオ西新井店、トレインチ自由が丘店、中野マルイ店。公式の通販サイトでも販売されます。


(沓澤真二)


関連キーワード

コーヒー | 文学 | NEC(日本電気)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう