ニュース
» 2017年10月25日 13時20分 UPDATE

1+2+3が24になる? iOS11の電卓、実用に問題あり

ゆっくり入力しないとおかしな数字に。【更新】

[コンタケ,ねとらぼ]

 iOS11の計算機に、実用に問題のある動作が発覚しました。「1+2+3」という極めて単純な計算が、「24」というおかしな答えになってしまうというものです。正しくは6のはずですが、なぜこのような結果になってしまうのでしょうか。




iOS11 計算機 不具合 1+


iOS11 計算機 不具合 2+


iOS11 計算機 不具合 3(この時点でおかしい)


iOS11 計算機 不具合 24。間違った答えが返ってきてしまった

 編集部で試してみたところ、かなりゆっくり入力すると「6」と正しい答えを返してくれますが、ちょっと早めに入力しただけで「24」になってしまいます。どうやら四則演算ボタンの2回めの入力の反応がすこぶる悪い(1度押して白くなっていたボタンが元に戻るまで操作を受け付けない)ようで、例えば「123+123+123」のように桁数の多い計算だと「+」を押す時間に猶予が生まれるため、ある程度速めに入力しても正しい答えを返してくれました。ただし、かなり速く入力すると、やはりおかしな答えが返ってきてしまいます。

 他の「−」「×」「÷」ボタンも同様で、2回めの入力が早いと無視されてしまいます。ただし、例えば「3×2+1」のように、別の四則演算ボタンであれば早く入力しても正しく認識してくれました。

 普通に使う程度の速さの入力でもこの現象が起きてしまうため、実用に問題があると行っても過言ではありません。早期にアップデートでの修正が望まれます。

 また、手元にiOS10以前の機種がないため確認できませんでしたが、この問題を検証した動画によると、iOS9以前にも同様の動作が確認されていました。iOS10で修正されましたが、iOS11で再発してしまったようです。



【更新:2017年10月27日9時50分 iOS10以前について情報を追記しました】

関連キーワード

電卓 | 不具合 | iOS 11


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう