コラム
» 2017年10月27日 11時00分 UPDATE

大量出血しても、その血を飲んだら失血死しない ○か×か?

体の外に出ていかないことは確か。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 ヒトに限らず、動物は血がたくさん出ると死んでしまいます。いわゆる失血死というやつ。

 しかしながら、出た血液を口から飲んだら、どうなるのでしょうか。血が体内に戻るわけですから、命が助かる可能性が……あるのか?

 人間の身体に流れる血液の量は、体重のおよそ13分の1。体重が65キロなら5kgで、体積に置き換えると4.7リットルとなります(血液比重1.055で計算)。また、全血量の半分以上が体外に出ると死に至るとされています。

 では、65キロの人が致死ラインにあたる約2.4リットルを出血したとして、その血を全部飲んだら助かるのでしょうか。

 日本赤十字社のWebサイトによると、献血で失われた血液の「量」に関しては、水分をとればすぐに戻るそうです。血液にも水分は含まれていますから、「血液を飲めば何とかなる」という発想にも一理あるのか……?

日本赤十字社のWebサイトより

 しかし、ここでネックになるのが血液中の量ではなく、「成分」が回復するのにかかる時間。日本赤十字社によると

(血液の成分が)回復する速さには個人差がありますが、目安として、血漿成分は約2日、血小板成分が約4〜5日、赤血球は約2〜3週間で回復します。

 とのこと。つまり、献血では400ミリの血液を抜きますが、それによって失った成分を取り戻すには、最低で2週間はかかるのです。必要な時間の長さを考えると、失血死を回避できるとはとうてい思えません。

 もしも、飲んだ血が直に血管に戻るならば、体内の血液の量、成分ともにすぐに取り戻せるはずなのですが、そう都合よくはいきません。

 口から体内に戻った血液を待ち受けているのは消化器官。そこで消化、吸収されると血管を通ることになるのですが、そのときには栄養分の状態に変わってしまっています。飲んだ血液が体内の血液になるには他の飲食物同様、赤血球、白血球といった成分が作られる骨髄を通過する必要があるのです。

 というわけで結論。血を飲んでも、失血死は免れない!

 これはつまり、口内から激しく出血して、全て胃に入ったとしても失血死してしまうということです。

 ちなみに、大量の出血があるときは、止血するのが大事。傷口にガーゼやハンカチを当て、上から強く圧迫するのが基本です。

制作協力

QuizKnock


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう