ニュース
» 2017年10月27日 17時15分 UPDATE

Twitter、ロシア系メディア「RT」「スプートニク」の広告出稿を禁止 米大統領選への干渉で

「偽情報を配信し、選挙戦に干渉していた」との調査結果を受けてのもの。

[ねとらぼ]

 Twitterは10月26日、ロシア連邦政府傘下のニュースメディア「RT」および、ロシア系通信社「スプートニク」の広告出稿を禁止したと発表しました


スプートニクスプートニク RT(左)とスプートニク(右)

 2016年の米大統領選において、両メディアが意図的に偽情報を配信し、選挙戦を妨害しようとしていたとの調査結果を受けての対応。Twitterがこれまで両社から受け取った広告費は190万ドル(約2億2000万円)にのぼりますが、これらはTwitterの公正な選挙利用のため、外部の調査期間に寄付するとしています。


スプートニク Twitterによる発表

 スプートニクは日本語サイトもあり、今回のTwitterの決定に対し、マルガリータ・シモニャン編集長は「極めて残念です。特に、ロシアにいる米国マスコミがこれからロシアの『優しい』報復措置を存分に味わうことになられるかと思うと、まことに残念でなりません」とのコメントを寄せています。


関連キーワード

Twitter | ロシア | 選挙 | 偽情報


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう