ニュース
» 2017年10月28日 16時25分 UPDATE

おつかれさま 国内最高齢・札幌市円山動物園のサーバルキャットが永眠

推定年齢24歳以上でした。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 札幌市円山動物園は飼育していた国内最高齢のサーバルキャット・ポッキー(オス)が10月27日に永眠したと発表しました

円山動物園サーバル 札幌市円山動物園 サーバルキャット・ポッキー(以下画像は円山動物園のサイトから)

 ポッキーは1994年6月に推定年齢1歳以上で同園に来園。現在の年齢は24歳以上で、国内最高齢となります(飼育下での平均寿命は20歳程度)。

 2000年にはプリッツとの間に2頭の子ども(マーブルとクッキー)が誕生。2013年に慢性腎疾患と診断されながらも食欲旺盛で元気に暮らしていました。

 ポッキーは9月ごろから足取りが頼りなくなり、その後歩行が困難に。10月25日からは園内動物病院のICUで酸素補給などを行っていましたが、27日に永眠が確認されました(死因は調査中)。

 ポッキーの死で同園で飼育されているサーバルキャットはメスのエン(2015年4月生まれ)1頭に。園内の動物園センターにはポッキーをしのんで11月16日まで献花台が設置されます。

円山動物園サーバル 札幌市円山動物園 サーバルキャット・エン


関連キーワード

サーバルキャット | 動物園 | 寿命


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう