ニュース
» 2017年10月30日 17時20分 UPDATE

1931年創業・銀座伝説のキャバレー「白いばら」が2018年1月10日閉店

全国から来たホステスさんが、お国言葉で接客してくれる名店でした。

[ねとらぼ]

 銀座の古き良き夜文化を支え、今も多くのファンを持つ名キャバレー「白いばら」が2018年1月10日に閉店することになりました。理由は「老朽化」としています。


白いばら閉店 店名の「白いばら」が描かれた入り口

 昭和6年(1931年)創業の白いばらは、毎日、約100人のフロアレディと生バンドによる音楽ライブや、プロのダンスショーが楽しめる大人の社交場。全国各地出身の女性たちがお国言葉で語りかけてくれるのも魅力で、しかも銀座としては非常にリーズナブルな価格で今に至るまで大人気を博してきました。

 お店に問い合わせたところ「まだ正式発表ではないが、なくなるのは事実」とのことで、従業員からお客さんを通じて知らせが伝わっているそうです。


白いばら閉店 広い店内を彩ってきたダンサーたち

 銀座最古のキャバレーとして歴史は古く、二・二六事件の決起前に来店した常連の青年将校が「明日の号外を楽しみにしろ!」と軍刀で観葉植物をバッサリ切っていった逸話も伝えられています。

 Twitterでも多くの反響があり、「またひとつ昭和が消える」「何となくいつまでもあそこにある気がしてた」「働いてみたかったなぁ、都道府県の名札つけて」と閉店を惜しむ声が止みません。

 中川翔子さんも「ここで撮影したことがあります、涙がでるほど最高なレトロ空間、もったいない! レトロミュージアムとしてそのまま残しておくべき!」とコメントしています。「最後に行きたい!」と思う方はお早めに。






※画像は白いばらWebサイトより



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう