ニュース
» 2017年11月05日 20時00分 UPDATE

お茶碗に盛られたご飯にすさまじい違和感…… お米の一粒一粒を整列させた作品に「うわぁ……」の声上がる

ご飯前の閲覧注意……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 多摩美術大学の芸術祭(11月5日まで)で展示されている、お茶碗に盛ったご飯の写真がTwitterで話題になっています



 作者は同大学2年生の藤田卓実(@fjttata)さん。芸術祭を訪れたもへちん(@smd345m)さんが「多摩美でめちゃくちゃ気になった作品」とツイートしたところ、「すごい」「ゾワッとした」などさまざまな声が寄せられ話題に。

 作品の写真は、一見するとこんもりと盛られたただのご飯なのですが、近づいて見てみるとそのお米が一粒一粒縦に整列しているのが確認できます。いつもはおいしい白飯としか見ていませんが、小さくて細長い白い粒がぴっちりと並んでいるのを見ると、なんだか見え方が変わってくるような感覚に襲われます。違和感がすごい……。


お米 整列 アート 多摩美術大学 展示 気持ち悪い ぱっと見は大盛りの白飯ですが……

お米 整列 アート 多摩美術大学 展示 気持ち悪い よく見ると米粒がきれいに整列しています

 藤田さんによると、このお米の写真は実物のお米を並び替えて撮影したもの。「お米って普通に食ってるけど実はつぶつぶしてるし、気持ち悪いものではないか?」という着想から、その違和感を前面に押し出すことを目的に制作した作品とのことです。

 寄せられたコメントでは、整列したお米に「うわぁ……」「気持ち悪い」と意図通りの気持ち悪さを感じる声や、「面白い視点」「整列してる方が違和感」「アートだ」と不思議な魅力を感じる声。また中には海外の人から「美しい」といった声も上がる反響となっています。







画像提供:@smd345mさん



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう