ニュース
» 2017年11月06日 13時50分 UPDATE

実際に遊べる「タイトーレトロゲーム展」がタイトーステーションアリオ柏店で開催中 博物館級のマシンが勢ぞろい

30分の時間制で1人500円。写真でしか見たことのない歴史上の名ゲームが遊べる。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 タイトーステーション アリオ柏店(千葉県柏市)で、ゲーム博物館クラスの貴重なマシンを実際に遊べる「タイトーレトロゲーム展」が11月3日〜27日まで開催されています。


レトロゲーム展


 アーケードゲーム黎明期の1970年代に登場した貴重なゲームばかりで、ブロックくずしゲーム「ZUNZUN BLOCK」や、2人の道化師を交互にジャンプさせて、画面上部の風船を割る「ACROBAT TV」など、時代を感じさせる筐体が並びます。

 その他にも、当時としては画期的だったレースゲーム「SPEED RACE」「ROAD CHAMPION」や、球をはね返して画面上のドットを消す、ブロックくずし型のゲームとしては世界初という説もある「Clean Sweep」など、往年の名ゲームたちが勢ぞろいです。


レトロゲーム展 アリオ柏店Twitter担当者オススメの「ZUNZUN BLOCK」

レトロゲーム展 道化師2人が交互にジャンプを繰り返す、変わったゲームシステムの「ACROBAT TV」

 1人30分500円(税込)の時間制でプレイすることができ、実際に足を運んだユーザーからも「70年代のアーケードマシンが遊べるなんて貴重すぎる」「台数は10台くらいだけど、状態が良いので500円払う価値はある」などの声が出ています。





レトロゲーム展 レトロゲーム展の会場風景


辰井裕紀


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう