ニュース
» 2017年11月06日 17時30分 UPDATE

「1個ちょうだい」はどこまで許せる? ボーダーラインを表したイラストが秀逸

ガムならOK、からあげクンだと迷う、雪見だいふくだと「殺す」?

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 お菓子などを「1個ちょうだい」と言われたとき、許せる目安はどれくらいでしょうか。橋本ゆのさん(@riko3_)がその見解をまとめた1枚のイラストが秀逸だと、Twitterで評判を集めています。



 それによると「1個ちょうだい」の許容範囲は、あくまで1箱(1袋)に入っている数に比例するものだと明快に表しています。

 例えばポッキー1本なら、1箱38本入りなのでたった2.6%の割合なので勿論あげてもOK。アーモンドチョコも1箱25個入りのため、1個なら4%程度なので、1個あげることは問題ありません。

1個ちょうだい まだ問題ありません

 しかし、ピノは1箱に6個だけなので、1個ごとの割合は17%にまで跳ね上がります。からあげクンなら1袋に5個だけのため、20%にまで上昇。ここまで来ると「1個あげる」のはちょっと悩んでしまいます。


1個ちょうだい ピノ以上を「1個ちょうだい」と言う人は悪魔?

 さらに雪見だいふくは1箱2個だけなので、1個ごとの割合は50%にまで跳ね上がります。これで「1個ちょうだい」と言われても、おいそれとあげられませんね。

 冷静に考えれば当たり前のことですが、このようにイラストで明快に示したところが実に秀逸。2人の関係性にもよりますが、「数が少ないとあげるのはためらう」「わかります。“一口だけ”ってパターンもありますよね」と共感のツイートが相次いでいます。





 なお橋本さんは、百合漫画 【雪見だいふく1つ欲しい女の子 vs 絶対あげない女の子】なるものも描き、「1個ちょうだい問題」をユーモラスに表現しています。


1個ちょうだい 「1個ちょうだい」問題に一服の清涼剤。


※画像提供:橋本ゆの(@riko3_)さん

辰井裕紀


関連キーワード

イラスト | おやつ/お菓子 | Twitter | 漫画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう