ニュース
» 2017年11月07日 21時00分 UPDATE

足のにおいを測定して着用者に伝えるシューズ、資生堂が開発 においケアのきっかけに

遠回しに「におう」と靴に言われるのもショックな気もしますが、自分のにおいって気づきにくいものですしね。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 足のにおいを感知して、その度合いをスマートフォンアプリを通じて着用者にお知らせ――そんな測定機能を備えたシューズ「SENSING SHOES」を、資生堂のデオドラント製品部門「エージーデオ24」が開発しました。つまり、暗に「においますよ」と靴に言われるわけか……。


レディースメンズ レディースとメンズの両モデルを製作(掲載順)

 ベロの部分にセンサーを搭載。着用中の臭度と湿度を測定し、独自の「ニオイレベル」として連携アプリへ表示します。外観にはシューズブランド「blueover」のデザインを採用。一般販売の予定はありませんが、12月1日から7日まで大阪のblueover店舗で展示されます。


センサー ベロの中にセンサーが

アプリ 独自の基準で、においの強さをアプリに表示

 開発の意図は、「人は自分のにおいには気付きにくく、足のにおいケアにまで至らない」という課題へ向き合うこと。同社のマーケティング担当者がSENSING SHOESを一日中はいて検証したところ、毎日においに取り組んでいる彼らですら、ニオイレベルが最大級に達したといいます。


 一連の開発はデオドラント製品に反映。同社は成果として、足のにおいと蒸れを防止する「デオドラントフットクリーム」を販売しています。


フットクリーム デオドラントフットクリーム


(沓澤真二)


関連キーワード

シューズ | 資生堂


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう