ニュース
» 2017年11月08日 13時20分 UPDATE

Togetter、「悪質広告」の報告が寄せられているとして注意喚起、情報提供を呼びかけ

すごい迷惑なやつ。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Twitterのまとめサービス「Togetterまとめ」上で悪質な広告が表示されるという報告が増え、Togetterの公式Twitterから注意喚起のアナウンスがされています。


 問題の広告はスマートフォンからのアクセス時に表示されるもの。広告が表示されると自動的に別のページに飛ばされ、移動先では「お使いのシステムは、頻繁に4ウイルスによって破損しています!」というやや日本語が怪しい説明文と共に、ウイルス対策ソフトのインストールを促されます。Togetter公式は「このような画面が表示された場合、クリックせずにタブを閉じてください。クリックしなければスマートフォンに影響はございません」としています。

 同広告は以前からTogetter以外のサイトでも複数確認されていたもので、Togetter上では2016年にも同様の悪質広告が確認されていました。Twitterで「Togetter ウイルス」といったワードで検索すると、今年(2017年)の10月末から11月にかけて被害が増えていたことが伺えます。


 広告は一律で表示されるわけではなく、ユーザーが過去に閲覧したページのデータなどを元に選定されます。Togetterでは原因となっているアドネットワーク(広告を表示させるためのシステム・業者)を特定するため、こうした広告が出現した場合は、遭遇したページのURL、デバイス、OSについての情報を提供するよう呼びかけています。

Togetter上で「悪質広告」の報告増加 Togetter公式が注意喚起、情報提供を呼びかけ Googleのロゴを無断使用した悪質な広告(Togetter公式Twitterより)
Togetter上で「悪質広告」の報告増加 Togetter公式が注意喚起、情報提供を呼びかけ 公式Twitterによる呼びかけ

※タイトルを一部修正しました




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう