コラム
» 2017年11月08日 11時30分 UPDATE

「誕る」の読み方、分かります? 「誕」という漢字の意外な意味

「誕」の「生まれる」以外の意味とは?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 「誕」という字を使った表現を思い出してみてください。「誕生」「生誕」「降誕」「聖誕」「爆誕」など、「生まれる」という意味で使う熟語が頭に浮かぶはずです。

「誕」というと、こういうイメージですよね

 では、「誕る」はどうでしょうか?

 意外なことに、読みは「誕(いつわ)る」で、「うそをつく」という意味になってしまいます。

「誕る」って何と読む?

 「誕」を漢和辞典を引いてみましょう。すると、大きく分けて3つの意味があることが分かります。

  1. いつわる、あざむく
  2. でたらめ、ほしいまま
  3. うまれる

 最後の「うまれる」という意味でよく使われており、残りの2つは、なじみがありませんよね。しかし、実はもともとの意味は1.や2.で、3.は後から生まれたものなのです。

 「誕」という字を分解すると、「言」と「延」。「言葉」を事実よりも「のばす」、つまり大げさに言う、うそをつくという意味を表す漢字でした。

「誕生」の誕生

 では、このようにあまり良い意味ではない「誕」が、現在のめでたい意味になったのはなぜでしょうか? そのルーツは、漢詩にあります。

誕彌厥月 先生如達

※誕(ここ)に厥(そ)の月を彌(を)へ 先づ生まるること達の如し

 これは、かつて教養とされた書物「詩経」の詩の一部で、「月が満ち、初産は羊のように安産だった」という内容です。ここから、1文字目と6文字目を組み合わせた「誕生」という表現が生まれ、「誕」が「うまれる」という意味で使われるようになったとされています。

 なんとも不思議なのは、たった1つの詩から「誕」という漢字の使い方が変わってしまい、それが今日まで続いているということ。もし「詩経」が無かったら、かつて人気を博したテレビ番組「スター誕生!」はなんと呼ばれていたのでしょうか。例えば、「スター生まれる!」とか? ……うーん、何だかしっくり来ないなあ。

制作協力

QuizKnock


参考

今日の四字熟語(福島みんなのNEWS)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう