ニュース
» 2017年11月09日 16時09分 UPDATE

「スゲー迫力」の予感! 広島駅に「実寸大ダンボールSL」降臨、11月13日から展示 (1/2)

広島駅に「実寸大ダンボールSL」が降臨。展示は11月13日から。【制作過程などの写真を追加】

[岩城俊介,ねとらぼ]

 JR広島駅に「実寸大のダンボールSL」が降臨します。

photo 原寸大ダンボールSLの展示イメージ

 これは、JRグループと地方自治体、観光事業者などが2017年9月から共同で行っている「幕末維新やまぐちディスティネーションキャンペーン」の目玉企画の1つとして実施されるもの。11月13日から20日まで、「SL山口号のヘッドマークを付けた原寸大のダンボールSL」が広島駅北口1階コンコースで展示されます。山口への出発点の1つとして中国地方の政令指定都市である広島が選ばれたそうです。

photo 過去のイベントでの設営中の様子。実寸大の迫力、これだけでも少し分かります(画像提供:JR西日本)

 展示される実寸大D51ダンボールSLは、工芸家の島英雄さんによるもの。島さんのWebサイトではその制作行程が公開されています。

photo 展示に向けて改装中のD51ダンボールSL(画像提供:島英雄氏「D51 蒸気機関車原寸ダンボール模型を作る」)

 何といっても「実寸大」。実物はさぞや圧巻なはずです。一般展示は11月14日〜20日。11月13日は「公開組み立て日」で、ダンボールSLが組み上がっていく様子を見学できます。また週末の11月18日、19日には子ども駅長制服を着て写真撮影ができるイベントも行われます。

photo イベントポスター
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.