ニュース
» 2017年11月09日 20時01分 UPDATE

国会議員の山本一太が「犯人はアニメの影響受けている」発言について謝罪 「一世一代の不覚・失言だった」

ニコニコ生放送と自身のブログで謝罪しました。

[ねとらぼ]

 参議院議員の山本一太さんが、フジテレビ「新報道2001」で座間市の9人切断遺体事件についてコメントを求められた際に「犯人はアニメの影響を受けていると感じる」とする趣旨の発言をしたことについて、謝罪した



 山本さんは、11月5日放送の同番組で 「(犯人は)現実の世界と妄想の世界の区別がつかなくなっている。こういう猟奇的なストーリーのアニメもあるので、すごく影響を受けている感じがします」とコメント。これについて、SNSでは「今回は全くの別問題」「与党のネット戦略担当が、こんなお粗末で燃えやすい発言するのに呆れる」といった声があがるなど、批判が集中していた。

 山本さんはニコニコ生放送で8日に放送された番組「山本一太の直滑降ストリーム」の冒頭で、「最初にユーザーのみなさんにお詫びをしたいと思っている」と切り出し、新報道2001での発言について「アニメをあまりにも見ているので、アニメという言葉が頭にあったのかもしれません」と説明。「永田町で最もアニメ・漫画に精通した政治家として一世一代の不覚・失言だった」「アニメ・漫画のファンの皆さん。特にクリエイターの皆さんにお詫びしたいと思います。すみませんでした」と頭を下げた。



 また、山本さんは9日にも「『新報道2001』での失言を猛省!〜全てのアニメ関係者、アニメファンに心からお詫びしたいこと」とするブログを投稿。発言について「言葉を発した直後に、『ああ、これは極めて不適切な表現だった』と後悔した」と振り返り、「アニメに関わっている全ての皆さん、アニメを愛する皆さん、本当にごめんなさい!2度とこんな不注意な(根拠のない)発言をしないよう、十分に気をつけます!!」と謝罪した。

関連キーワード

アニメ | 謝罪 | ブログ | 国会 | 漫画 | ニコニコ生放送 | 政治


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう