ニュース
» 2017年11月10日 07時00分 UPDATE

えー、毎度ばかばかしいお笑いを……じゃなくてガチャを 落語業界公認「落語ガチャ」登場

おあとがよろしいようで。

[林美由紀,ねとらぼ]

 タカラトミーアーツは、そんな落語人気に着目し、より落語を身近に感じられるアイテムとして、落語をテーマにしたガチャ「落語ガチャ」を11月中旬から順次発売します。

 日本の伝統芸能の1つである落語。江戸時代から続く「日本の笑い」は昨今、雲田はるこさん原作で落語がテーマのアニメ「昭和元禄落語心中」の2期が放送されたり、若手落語家の人気も相まって、寄席には若いファンも多く見られ、観客動員数も伸びているといいます。


落語ガチャ 落語ガチャは全5種

 「落語ガチャ」は、公益社団法人落語芸術協会、一般社団法人落語協会の協力のもと、「死神」「ちりとてちん」「目黒のさんま」「禁酒番屋」など、有名な古典落語の噺に登場するモチーフを具現化したフィギュア根付のほか、寄席でおなじみの「亭号木札」の全5種がラインアップ。亭号木札はスライド式で、4枚の木札を入れ替えることができるようになっています。


落語ガチャ5種 渋カワイイ

亭号木札 亭号木札はスライド式

 フィギュアの元になったイラストを描き起こしたのは、落語絵の代表的イラストレーターとして活躍している小森傑氏、「落語ガチャ」の題字は橘流寄席文字の重鎮、橘左近氏が書き下ろしたという本格仕上げ。


題字 橘流寄席文字の重鎮・橘左近氏が題字

 また、付属しているめくり型プレート裏面のQRコードにアクセスすると、落語ガチャナビゲーターに就任した新進気鋭の若手落語家である春風亭昇々さんの落語イントロダクション動画を楽しむことができ、さらに落語の魅力を感じることができるそうです。


春風亭昇々さん 新進気鋭の若手落語家春風亭昇々さん

 「落語ガチャ」は、全国の雑貨店、量販店等のほか、東京都内の寄席、新宿末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、国立演芸場の4カ所にもガチャマシンが設置される予定です。対象年齢は15歳、価格は300円(税込)となっています。

 いつでもどこでも落語の世界をそばに。落語好きはもちろん、落語初心者も、まずは今回モチーフになったガチャのお噺から落語の世界を体験してみてもいいかもしれませんね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう