ニュース
» 2017年11月10日 12時45分 UPDATE

Twitter、白人至上主義ジャーナリストを認証し炎上 認証マーク発行をいったん全てストップ

対応に注目が集まってます。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Twitterは「アカウント認証」をめぐり、既存の認証ルールと実態に齟齬(そご)が生じているとして、新規の認証作業をいったん全面的に停止したと発表しました。


 この対応は、白人至上主義者のジャーナリスト、ジェイソン・ケスラー氏のアカウントに認証マークを付与したことで、大きな批判を浴びていたことを受けてのもの。ケスラー氏は8月、バージニア州シャーロッツビルの極右集会「ユナイト・ザ・ライト」を主催した人物で、集まった支持者とそれに反対する団体の衝突で1人が死亡。ケスラー氏は亡くなった女性に対し「太った醜い共産主義者」などと暴言をツイートし、批判を浴びていました。


 ケスラー氏が認証マークの取得を報告し、喜びのツイートをしたのは11月7日(現地時間)。Twitterは、認証制度はもともと本人であることを証明するためのものだったものの、利用者からはTwitterが賛同する人物もしくは人物の重要度の指標として受け入れられていたとして、規約上の建前と運用実態に齟齬があったのを認めました。Twitter CEOのジャック・ドーシー氏は、「システムが破綻していて、修正が必要なことは少し前から気付いていた。即座に対応しなかったのは失敗だった。なるべく早く問題を解決できるよう取り組んでいる」とコメントしています。

Twitter、白人至上主義ジャーナリストを認証し炎上 全ての認証作業を一時ストップ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう