ニュース
» 2017年11月12日 14時00分 UPDATE

3500年前の石を磨いてみたら精巧な宝石彫刻が出てきた! 青銅器時代ギリシャの遺跡から米大学が発見

一見すると何の変哲もないような古い石が実は……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アメリカのシンナシティ大学が、3500年前のギリシャの遺跡から、精巧な彫刻が施されたメノウを発見したことを発表しました。古さ以外は普通に見える石を、管理のために磨いていたら出てきたのだそうです。なんだかドラマチック。


研磨後 精密な彫刻!

研磨前 でも磨く前は石灰岩に覆われた粗末な状態でした

拡大図 絵柄を分析した拡大図

 幅3.6センチのメノウに、奮闘する戦士の姿が。サイズが小さいうえにメノウ特有の縞模様もあって確認しにくいですが、顕微鏡写真を見ると、筋肉や模様などが精密に彫り込まれていることが分かります。一番細い凹凸はわずか0.5ミリなのだとか。


顕微鏡写真
顕微鏡写真 顕微鏡写真では、武器の装飾や筋肉の流れなどが細かく描かれていることが分かる

 発見されたのは青銅器時代のものとされる、「グリフィンの戦士」と名付けられた者の墓。2015年の調査で武器や宝飾品など1400以上もの副葬品が発見されており、件の石もその1つでした。


グリフィンの戦士 調査中の「グリフィンの戦士」の墓

 数ある副葬品に埋もれていた逸品が、調査の途中で偶然見出されたこの一件。研究者は「ミノア人は誰も想像できない種類の芸術を制作していたようだ」と述べています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう