レビュー
» 2017年11月12日 12時00分 UPDATE

司書メイドの同人誌レビューノート:これがミニカー!? スマホでもできる、憧れの名車を好きな構図で撮るための撮影術

広がるミニカーの楽しみ方。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 夜景をバックに、きらめく車体をタ暮れに浮かび上がらせるような1枚。車のコマーシャルのようなかっこいい写真ですが、実はこれ、ミニカーを野外で撮影したものなんです。今回は、フルカラーで大きさもA4サイズ、たっぷりとミニカーの写真が堪能できる『miniCAR GRAPHIC』と、ミニカー撮影をもっと楽しむための技が詰まった『撮ろう!ミニカーの写真』シリーズ、合わせて4冊をご紹介します。

今回紹介する同人誌

『miniCAR GRAPHIC』 A4 16ページ 表紙・本文カラー

『撮ろう!ミニカーの写真 vol.1』 A5 16ページ 表紙・本文モノクロ

『スマホで撮ろう!ミニカーの写真iPhone編』 A5 16ページ 表紙モノクロ 本文カラー・モノクロ

『撮ろう!夜景とミニカーの写真』 A5 16ページ 表紙モノクロ 本文カラー・モノクロ

作者:E.P.


同人誌『miniCAR GRAPHIC』 つややかな車体が夜景にきらめきます
同人誌『撮ろう!ミニカーの写真 vol.1』 最初の一歩を踏み出せるコツが掲載

同人誌『スマホで撮ろう!ミニカーの写真iPhone編』 スマホでどんなミニカー撮影が?
同人誌『撮ろう!夜景とミニカーの写真』 『miniCAR GRAPHIC』と連動した内容が楽しめます


てのひらに乗る、憧れの名車を激写!

 まず『miniCAR GRAPHIC』は、黒い表紙につややかなボディーのミニカーがかっこいい! 今回の特集は「夜景とミニカー」だけあって、高速道路を背景にしたり、ビルの前に停まっていたりと、ムードたっぷりな写真が掲載されています。都会のライトに照らされるミニカーは、小ささよりもカッコよさを前面に感じます。でも、眺めているとなんだか街並みもミニチュアに見えてくるような不思議な気持ちにもなってきますね。

同人誌『miniCAR GRAPHIC』 分かりやすい記事がナビゲートしてくれます

 ご本は写真と記事で構成されているのですが、まず言及されるのは“この車はどんないわれがあるか”という点。作られたいきさつ、新型モデルが出たときの世の中の反応などがまとめられ、車に詳しくない私にも親しみやすい導入です。

 そしてそれがミニカーになったときにはどんなふうにデフォルメがされているのかを、細やかな観察眼でチェックされています。基本的にサイドミラーがないことを、記事で指摘されてはじめて気が付きました。小さな子どもの手にもやさしいように、それでいて元の車の魅力を損なわないように。ミニカーには、車の魅力がぎゅっと詰まっているんですね。

いざ撮影! スマホだって大歓迎

 著者の方は2007年からミニカーの撮影を続けられているそうで、はじめはガラケーでの撮影だったとか。現在はコンパクトデジカメとスマホを中心に撮影を楽しまれており、『撮ろう!ミニカーの写真 vol.1』『スマホで撮ろう!ミニカーの写真iPhone編』『撮ろう!夜景とミニカーの写真』では、撮影のテクニックや、スマホアプリの比較レビューなど、実際にミニカー撮影をしてみたくなった人のために役立つ情報を取り上げていらっしゃいます。

 撮影時は、少し高いところにミニカーを置くことで、低いアングルから被写体を捉えて、地平線の位置を低くして背景となじませる、というミニカーならではの対策から、「野外撮影は寒い」などの普遍的な、でもよく起こりそうなちょっとしたポイントも押さえてあるのがうれしいです。

同人誌『撮ろう!ミニカーの写真 vol.1』 ミニカーと風景のなじみやすさにも注目

同人誌『撮ろう!ミニカーの写真 vol.1』 これがスマホで撮れちゃいます!

ショールーム巡りから、世界も視野にいれて。ミニカー撮影には、こんな楽しみ方があったんだ!

 『撮ろう!ミニカーの写真』シリーズは、撮影テクニックだけでなく、ミニカーにまつわるいろんな視点での楽しみ方が載っています。例えば、実際に車のショールームを見に行き、元の車とミニカーの比較をじっくり観察されています。「サイドウィンカー下のマークもしっかり再現されている」といわれてみれば、確かにそうですね。その言葉に促されて、あらためてミニカー写真をじっと見てみると、車のおしりについているリアウイングの厚みのあるところとか、きりりと美しいお写真になっているからこそ引き立つ「ミニカーならではの造作」がかわいらしく、愛らしく思えてきました。

 さらに、実はミニカー撮影は近年インドネシアで大人気! という、世界に目を向けた記事も。その理由を著者さんは「インドネシアでの自動車文化への意識の高まりと、それに対して自動車普及率が追いついてないのでは」と分析されています。さらにご自身も、Facebookでインドネシアのミニカー撮影グループに参加し、作品もアップして、異国の方との交流をしていらっしゃるんですって。遠く離れたところでも、この楽しさを感じている人がいるんだ! と思うとうれしくなりますね。

同人誌『撮ろう!ミニカーの写真 vol.1』 インドネシアのミニカー撮影人気とは!

 撮影からはじまり、元の車との見比べや、世界のミニカー撮影事情まで。写真だけじゃなく、未知の世界を先導して走ってくださるようなご本です。

同人誌『撮ろう!ミニカーの写真 vol.1』 景色にミニカーがしっくりと溶け込みます

サークル情報

サークル名:ミニカーの写真(仮)

Webサイト:Webサイト

Pixiv:Pixiv

Twitter:@minicar_love_

購入先:Comic ZINまんだらけとらのあな

次回イベント参加予定:コミックマーケット93(日曜日 東地区W-32b)


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 少し風が冷たくなりはじめましたか? 館内の私にも、いつのまにかマフラーが巻かれていました! 誰が巻いてくれたのかしら……

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう