ニュース
» 2017年11月13日 21時25分 公開

第5回将棋電王トーナメントで「平成将棋合戦ぽんぽこ」が初優勝 「Ponanza」らの強豪を抑えての優勝

準決勝でPonanzaを撃破した「ぽんぽこ」は、勢いに乗って決勝でshutgunも下し、見事初優勝を飾りました。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 最強のコンピュータ将棋ソフトを決める「第5回将棋電王トーナメント」が11月11〜12日に六本木のニコファーレで行われ、「平成将棋合戦ぽんぽこ(以下、ぽんぽこ)」が初優勝し、「電王」の称号と賞金300万円を手にしました。


平成将棋合戦ぽんぽこ たぬきの着ぐるみに身を包んで「300万円」の目録を掲げる、いい大人

 史上最多の全42ソフトが参加した今大会。予選リーグを1位通過したのは、第2期電王戦で佐藤天彦名人を2連勝で下したPonanzaでしたが、決勝トーナメント準決勝でそれに立ちはだかったのは「ぽんぽこ」。Ponanzaを撃破したぽんぽこは、勢いに乗って決勝でshutgunも下し、見事初優勝を飾りました。


平成将棋合戦ぽんぽこ なんと、難敵Ponanzaを撃破。画像は公式ページより

 「ぽんぽこ」を開発したのは、野田久順・河野明男の両氏。なぜかぽんぽこたぬきの着ぐるみに身を包んで優勝コメントを行った野田氏は、「3チームに分かれて参加した他メンバーと協力して開発を行い、他の開発者が公開した手法を取り入れながら強くしている」ことを強調。「いずれの支援も無かったらここには立てていなかったと思います」と、着ぐるみキャラに似合わない、至極まっとうなセリフで大会を締めくくっています。


平成将棋合戦ぽんぽこ トロフィーを手にするたぬきの着ぐるみ男(野田さん)

■順位結果

【電 王/賞金300万円】平成将棋合戦ぽんぽこ (野田久順・河野明男)

【第2位/賞金100万円】 shotgun (芝世弐)

【第3位/賞金 70万円】 Ponanza (山本一成・大渡勝己)

【第4位/賞金 50万円】 読み太 (塚本隆三)

【第5位/賞金 30万円】 Qhapaq_conflated (SAWADA Ryoto・ITO Yuki)

 また、全ソフトの中から最も特徴的なソフトに贈られる特別賞は「 やねうら王with お多福ラボ」(開発者:磯崎元洋・浜道崇・和泉龍徳・森田康太郎 )が受賞しました。


平成将棋合戦ぽんぽこ 会場となったニコファーレ


辰井裕紀


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう