ニュース
» 2017年11月14日 14時01分 公開

メルカリ、不正出品抑止のため本人情報登録を初回出品時点で必須に

ほかにも、売上金の振込申請期限を従来の1年間から90日間へ短縮。売上金を使用した直接の商品購入もできなくなります。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 メルカリが、初回出品時の本人情報登録必須化をはじめとする仕様変更を、12月上旬から行います。


概要 3点の仕様変更が12月上旬から

 本人情報登録を初回出品時に早めることで、盗品をはじめとした不正出品を抑止する狙い。警察・捜査機関との連携もより早期から可能になります。なお、登録された本人情報と売上金の銀行口座名義が一致しない場合は、売上金の引き出しが不可能に。過去に出品経験があるユーザーも、未登録の場合は登録が求められることになります。

 売上金の取り扱いにも変更が入り、仕様変更適用後の取引では、売上金の振込申請期限が従来の1年間から90日間に。期限までに売上金が利用されなかった場合は、登録された銀行口座へ自動的に振り込まれます。

 加えて、売上金を直接使用しての商品購入は不可能に。仕様変更後はいったんポイント(1ポイント=1円)と交換してから購入する仕組みとなります。これら新仕様の適用時期は正式に決定次第、あらためて告知するとのこと。


メルカリ

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう