ニュース
» 2017年11月14日 21時00分 公開

まさかえっちの話のわけがない……と思ったらえっちの話だった 『オークが犯してくれない!』

くっ、はやく抱いて!

[たまごまご,ねとらぼ]

 女騎士といえば「くっ、殺せ!」が定着して早幾年(追い詰められた女騎士が、嬲られるくらいなら命を捨てる! という定番シーンのことです)。相手はもちろんオーク。あまりに一般化したので、最近はカウンターキャラクターとして「優しいオーク」も一般化。Twitterでは11月9日を「いいオークの日」として盛り上がりつつあります。

 マガジンポケットで連載がはじまった川中康嗣さんの『オークが犯してくれない!』。タイトルがド直球すぎて、多分これはエロと関係ないほんわかストーリーなんだろう、と予告では思っていました。

 いいえ、オークに犯してほしいというド直球な話でした。


オークが犯してくれない! これは伝説の寝具、イエスノー枕!

 ヒロインのネフタリ・フェリス騎士団長は、超強い女剣士。モンスターはあっという間にけちらし、男戦士たちも歯が立たない。性格も超堅物なので「誰も男寄り付かねーよな……」とうわさされるほど。

 でも彼女、結婚しています。それを聞いた兵士は「きっとダンナを尻に敷くタイプだぜ!」「ダンナに甘えたり家事してる騎士団長なんて想像できねえもんな〜」とうわさする始末。わからんではないけど、失礼だな。


オークが犯してくれない! 美人さん! 戦場では鬼神と化します

 実際はネフタリさん、家に帰るとデレッデレ。最愛のダンナに甘えたくて仕方ない。結婚して1カ月の新婚さん。一緒にいるだけでキュンキュンする季節。

 普段おかたい人が、気を許した相手の前でだけ甘えん坊になる、というギャップはやはり魅惑のシチュエーション。落差が大きければ大きいほど、かわいさも倍増。この現象名前とかついてないですかね。

 ただ、2つこのマンガには問題があります。1つは結婚相手がオークだったということ。もう1つはダンナが性的に全く興味を示してくれないということ。な、なんでだ。種族が違うからかな。いや結婚したんでしょう?


オークが犯してくれない! 新婚さんいらっしゃい……いらっしゃらない……

 妻がダンナ(オーク)に、不器用にえっちを迫り続ける、というものすごい攻めた展開。ネフタリさんがどえらく色っぽくて、際どいシーン連発なのですが、なんせオークダンナが全く性的じゃないので、どうにもエロい空気にならない。オークといえばファンタジー作品の性欲モンスターの権化。なのに一切見向きもしない、というのもギャップ萌えの1つ。

 ネフタリさんは肉食だけど、別に極端に淫乱なわけではないのがミソ。新婚生活である程度覚悟していた部分、相手がオークなら当然構えていたのに、なんにも起きない。ボールの飛んでこないキャッチャー。これは寂しい。そりゃ「構ってよ!」ともなりますわ。夫婦愛をどう確かめ合うか、が大きなテーマなのかも。

 にしても、これがもしうまくいったとして、人間とオークのえっちシーンをネットに掲載できるんだろうか……。早く抱いて! という桃色な空気も楽しいけれど、2人がお互いの愛を確かめる様子が見られたら、もっとニヤニヤできそうなので期待したいです。ネフタリさんの心(と火照った身体)が癒やされますように。


たまごまご


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう