ニュース
» 2017年11月19日 12時10分 公開

カップアイスを縦にスパッ! 斬新すぎる“半分こ”に「目からウロコ」の声

YouTuberのヒカキンさんもやっていました。

[Kikka,ねとらぼ]

 寒い季節、こたつで食べるアイスは最高においしいですよね。でもカップアイスを丸ごと1個と食べるとまた寒くなるしちょっと量が多いなぁ……なんてことありませんか。そんなときはカップアイスを縦にスパッと切って“半分こ”すれば良いんです。え? 縦に切るってどういうこと!?

 ゲッサンで連載中の漫画『金剛寺さんは面倒臭い』や『ラブロマ』などの作品で知られる漫画家・とよ田みのる(@poo1007)先生がTwitterに投稿したのは、容器ごと真っ二つに切られたカップアイスのイラスト。80歳を超えたご両親がこのようにアイスを分け合っていたとのことで、イラストには「ここからすくって食べていた。栗か」というツッコミが入れられています。


カップアイス 2等分 半分 半分ずっこ 半分こ スーパーカップ とよ田みのる 漫画 漫画家 ナイスアイデア

 この斬新な“半分こ”には「どうやって切断したんですか?(笑)」「容器まで分け合うなんて……愛?」といったコメントや「昔やりました」「食べきれないのでよくやります。残った半分はラップして冷蔵庫に戻す」「縦に包丁で真っ二つです」など、このアイデアを活用しているという人の声も。

 なかでも多かったのは人気YouTuber・ヒカキンさんにまつわるもので、「スーパーカップを包丁で真っ二つにすると食べやすい!?」という動画で同じアイデアを紹介していました。容器ごと半分に切っているので、お皿などを用意する必要がなく、またほぼ均等に“半分こ”できるのが良いですね!


カップアイス 2等分 半分 半分ずっこ 半分こ スーパーカップ とよ田みのる 漫画 漫画家 ヒカキンさんもカップアイスを包丁で真っ二つに(動画「スーパーカップを包丁で真っ二つにすると食べやすい!?」より)

カップアイス 2等分 半分 半分ずっこ 半分こ スーパーカップ とよ田みのる 漫画 漫画家 アイスを栗みたいに食べるヒカキンさん(動画「スーパーカップを包丁で真っ二つにすると食べやすい!?」より)

 実は筆者もこのアイデアをよく使っているので、少しだけコツを紹介します。まずカップアイスは紙製容器のものの方が切りやすいです。アイスが硬くて切れない場合は少しだけ溶かしてからトライすると良いでしょう。カップを切る際には、できるだけ切れ味の良い包丁を使い、カボチャを切るときの要領で刃を入れます。このときカップアイスが滑っていかないようにぬれふきんなどの上に置いておくと安心です。

 このテクニックはとても便利ですがあくまでも包丁を使っての作業なので、ケガには十分注意してくださいね。さて、アイス買いに行くか。

イラスト提供:とよ田みのる(@poo1007)先生

(Kikka)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう