ニュース
» 2017年11月19日 15時32分 公開

『大人の科学マガジン』最新号の付録「小さな活版印刷機」がすごいと話題に 「見た目がかわいい」「これは欲しい」

動きも大変かわいらしいです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 12月15日に発売される『大人の科学マガジン』のふろく「小さな活版印刷機」がTwitterで公開され注目を集めています



 両手の平に乗りそうなくらいのちょうどいいサイズ感で、手動式の「テキン」と呼ばれる活版印刷機の印刷工程が体験できます。レバーを引くと連動して「ぐぅん、カシャン」と動く姿がなんだかとてもかわいらしいです。


小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく インテリアにもなりそうなレトロ感が素敵なデザイン

 使い方は難しくなく、活版印刷機の上部にある「インキ台」でインクを練ってから、あらかじめ取り付けておいた活字にローラーでインクをのせ、あとはセットした紙にぐっと押しつければ刷ることができます。お手軽かつ、しっかり動かしてる感じが楽しそう!


小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく 思わず触ってみたくなる見た目です

小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく 正面

小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく 紙は手前の圧盤にセットします

 本体に合わせて活字も専用のものが付属し、フォントが「秀英明朝」のひらがなと、「Century」のアルファベットと数字、合わせて162個を用意。追加注文も予定しているとのことです。また活版は9×15で135文字が組めます。


小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく 専用の活字は全162個。「@」や「.」もあります

小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく 135文字が組める大きさの板です

小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく 温かみのあるメッセージカードができそう

 活版ならではの温かみと味わい深さを感じられる印刷で、印象的な名刺やメッセージカードを作ったりと使い方はいろいろありそうです。付属の黒インキ使用後は水彩絵の具が使えるとのことで、カラー印刷も楽しめます。

 価格は3500円(税別)で、現在予約を受付中。すでにAmazonでは売り切れとなっていて、復活時には大人の科学公式Twitterアカウント(@OKM_F)にてお知らせされる予定です。


小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく 活版ならではの印刷を再現できる専用紙が付くとのこと

小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく 凹凸やかすれの残る感じがとても良い……

小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく ひらがながかわいい

小さな 活版印刷機 大人の科学マガジン ふろく 誌面では使いたい文字が重なったときの対処法なども紹介されています


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう