ニュース
» 2017年11月20日 19時40分 公開

加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明

タバコには変わらないことを意識して使うべきでしょう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 IQOSをはじめとする加熱式タバコや、電子タバコについて、日本呼吸器学会が見解を示しました。これらの新型タバコは従来の燃焼式タバコと同様に自身や周囲の健康に悪影響をもたらす可能性があり、推奨できないとしています。


一式 編集部員のIQOS一式

 新型タバコは、「電子タバコ」と「非燃焼・加熱式タバコ」に分類できます。電子タバコとは液体を過熱して「エアロゾル」を発生させて吸引するもの。海外ではニコチン入りのタイプも販売されていますが、国内では医薬品医療機器法の規制によりニコチンを含まないもののみが流通しています。「非燃焼・加熱式タバコ」は葉タバコを加熱することでニコチンを含むエアロゾルを発生させるタイプ(IQOS、glo等)と、低音で霧化する液体からエアゾルを発生させた後、タバコ粉末を通過させ吸引する電子タバコに似たタイプ(Ploom TECH等)が存在します。

 依存性薬物であるニコチンが含まれている場合は従来のタバコ同様の健康リスクがあるのはもちろん、使用者が吐き出したエアロゾルは周囲に拡散しやはり身体への悪影響が懸念されるため、受動吸引への配慮が求められるのはこれまで通りです。

 にもかかわらず、ユーザーには「煙が見えにくいので禁煙エリアでも吸える」「受動喫煙の危険がない」「燃焼式タバコより健康リスクが少ない」といった誤認が広まっていると指摘。燃焼式タバコがやめられない人に代替品として推奨する考え方もありますが、新型タバコの使用と健康リスクの関連性について、科学的証拠が得られるまでにはかなりの時間が必要で、現時点では推測にすぎないとしています。

 「新型タバコの主流煙には、燃焼式タバコとほぼ同レベルの有害物質が含まれている」「加熱によりエアロゾルを発生させる仕組みは、複雑な混合物を発生させ発がん性物質に変化させる」といった研究結果も紹介。また、WHO(世界保健機構)によると、エアロゾル自体も見えにくいだけで、有害な重金属を大気中濃度以上に含むもの。「電子タバコのエアロゾルにさらされると、健康に悪影響がもたらされる可能性がある」と指摘しています。

 これらに基づいて、日本呼吸器学会は新型タバコの使用は「推奨できない」とし、従来のタバコと同様に「飲食店やバーを含む公共の場所、公共交通機関での使用は認められない」と述べています。


吸引 筆者もIQOSに切り替えましたが、「室内や家族の前で吸わない」家族ルールは以前と同様。灰が出ない分、吸い殻の始末がしやすいことだけは確かです

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう