ニュース
» 2017年11月20日 20時33分 公開

レーズンを焼いたら蘇った!? 干しぶどうならぬ「不死ぶどう」写真にTwitter騒然

どんな現象なのかはいまだ不明です。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 「食パンに乗せたレーズンをトーストしたら、ぶどうに戻った」かのような変化を目の当たりにした、からっぽねこライトさん(@emptyneco)のツイートが話題です。



 きっかけは、「普通のパンにレーズンを乗せて焼けば、レーズントーストになるのでは?」と試してみたこと。するとレーズンはプックリと膨れ上がり、まるでぶどうとしての本来の姿を取り戻したかのように。


レーズンがぶどうに戻った 平べったい、完全な「レーズン」が

レーズンがぶどうに戻った 丸々とした「ぶどう」としての姿を取り戻した(?)

 この見慣れない現象には反応が大きく、「(干しぶどうならぬ)不死ぶどうでは」「味もぶどうにロールバックしたの?」「ポップコーンと同じで内部の水分で膨らんだ(?)」など多くの声が集まっています。

 気になる味は「香ばしくて美味しかった」そう。今後、現象の正体が判明されるかどうかが気になるところです。






辰井裕紀


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう