ニュース
» 2017年11月22日 11時15分 公開

セブン-イレブンで自転車シェアリングを展開 2018年度には全国主要エリア1000店舗

すでに展開中の「HELLO CYCLING」がセブン-イレブンでも利用できるようになる仕組み。

[ねとらぼ]

 セブン-イレブン・ジャパンは11月21日から、全国主要エリアの店舗において自転車シェアリングサービスを順次展開していきます。21日から埼玉県さいたま市で設置を開始し、2018年度中には1000店舗で設置する予定です。

セブン-イレブン 自転車 シェアリング 自転車シェアリングイメージ

 利用するのは、ソフトバンクグループのOpenStreetとソフトバンクが共同運営する自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」。現在関東エリアを中心にHELLO CYCLING専用の自転車を借用・返却できる駐輪場「ステーション」が設置されており、今後セブン-イレブン店舗にも展開されていきます。利用者はスマホやPCから「ステーション」を検索し、利用登録をすることで自転車の予約、決済まで一連の手続きを行うことが可能です。

セブン-イレブン 自転車 シェアリングセブン-イレブン 自転車 シェアリング 「HELLO CYCLING」利用イメージ

 利用料金は自転車ごとに異なり、15分ごとに数十円〜数百円加算され、1日の上限金額に達するとそれ以上かからないシステム。例えば「エコモビ」が提供する電動アシスト自転車は、15分40円、1日上限800円で設定されています(期間限定の実験価格)。初期・月額費用は無料で、全車両の利用料金に万が一の補償の料金が含まれています。

 HELLO CYCLINGの自転車にはGPS機能を搭載した鍵「スマートロック」が取り付けられています。セブン・イレブンでは今後「スマートロック」で収集される自転車の位置情報を活用し、自転車の借用・返却時に店舗で利用できるクーポンを配信するなど、マーケティング施策も検討していきます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう