ニュース
» 2017年11月23日 14時00分 公開

離ればなれになったヒョウの赤ちゃんとママ 4日ぶりに無事に再会

お母さんヒョウは、ずっと探していたのでしょうね。

[かのん,ねとらぼ]

 インドの野生動物保護団体「Wildlife S.O.S」が、ヒョウの親子の再会の様子を公開しています。

 インドのマハーラーシュトラ州ナシク近くのサトウキビ畑で、地元の住民が生後20日くらいの複数のヒョウの赤ちゃんを発見し森林局に通報、赤ちゃんたちは保護されました。

 現地メディアの記事によると、森林局は、母親が赤ちゃんたちを探しに来て人を襲うかもしれないということから、親子を再会させる手助けをすることを決めました。

 森林局から要請を受けたWildlife S.O.Sは、夜になるとヒョウの赤ちゃんたちにバスケットをかぶせてサトウキビ畑の中に置きました。そして親子が再会できたか確認するためのカメラも設置。そして4日目にとうとう母親が現れました。

ヒョウ バスケットを見つけたお母さんヒョウ

 用心深くバスケットに近づく母ヒョウ。我が子が中にいると分かると前足でガリガリとバスケットをかきだします。前足と口でなんとかバスケットをのけることに成功! 4日ぶりに会えたかわいいわが子たちの背中をなめて、再会を喜んでいます。

ヒョウ えい!とバスケットを外し
ヒョウ かわいい子どもたちと再会!

 お母さんヒョウは、4日間の間必死の思いで子どもたちを探していたはず……。無事に再会できて、心からほっとしたことでしょうね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう