ニュース
» 2017年11月27日 17時30分 公開

「僕が妻を偉いと思うところです」 洗濯ものの干し方にこだわりを持つということは?

「わしは赤ちゃんやぞ!」(原文ママ)

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 「忍者シノブさんの純情」の作者、ゆずチリ(@yuzuchiri)さんが、「僕が妻を偉いと思うところです」とTwitterに投稿した家族マンガが、互いを思いやる姿勢や相手をいとおしく思っていることがあふれていると話題になっています。

僕の妻

僕の妻 洗濯物、畳むのはホントに面倒ですよね……

 ゆずチリさんがゲームをしていると、横で奥さんが洗濯物を干し始めます。このままゲームにうつつを抜かしていると離婚の危機ではと焦って手伝おうとすると、「これはこうじゃない」と冷静に干し方を指摘されます。その後ゆずチリさんは漫画家である自分の仕事を振り返り、手伝ってもらったらきっと同じように指摘するだろうと考え、「こだわりを持ってる」ことに敬意を抱くという内容です。

僕の妻 スッとバスマットを出してくれるのがいいですね)

僕の妻 お腹の赤ちゃんに精神を乗っ取られる奥さん

 他にもうっかりバスマットを敷かずにお風呂場を洗ってしまった奥さんが緊急事態を告げる話や、妊娠したことで“赤ちゃんに意識が乗っ取られ”、お風呂に行くことを抵抗した話など、日ごろの仲の良さを感じさせるほっこりエピソードがつづられています。

僕の妻

僕の妻

僕の妻

 最近は季節柄コタツに入り浸りになっているそうで、あまりに静かなので仕事中にこっそり安否確認をしてしまうという日常を描いています。なにこの日だまりのような温かさは!

 一連の「僕の妻」シリーズが公開されると、「ほのぼのする」「いつまでもお幸せに」との声が寄せられており、反響に奥さんも喜んでいるそうです。お子さんが生まれたら、登場キャラクターも増えるのでしょうか? 続編も期待しております。

僕の妻 横断歩道はよく安全確認して!

僕の妻 「〜じゃ!」等の口癖は、漫才コンビ「千鳥」の「ノブじゃ!」の影響だそ

(画像提供:ゆずチリさん)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう