ニュース
» 2017年11月28日 12時27分 公開

漫画・アニメオタクが老いたら……? 夢見た老人像を語り合う老夫婦の漫画が俺たちの未来っぽい

こんなおじいちゃんおばあちゃん、案外もういそう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 老いた漫画・アニメオタクが、なりたかった老人像を語る4コマ漫画が、Twitterで注目を集めています。「そろそろ出てくる こんな老人」と題されていますが、案外既にいそう。


 人生に悔いはなかったかと、縁側で語り合う老夫婦。「なんもない」と言っていた夫ですが、どうせ老いるなら「主人公に謎の力を授ける的なジジイ」になりたかったと、バトル漫画的な夢を明かします。すると妻も、「40秒で支度しな!! みたいなババア」になりたかったと、「天空の城ラピュタ」のドーラへの憧れを語ります。どこまで本気かは分かりませんが、老後にこんな会話が成立するような夫婦になれたこと自体、幸せのように思えます。


老いる ドーラはああ見えて50代ですが、憧れるのは分かる

 ツイートは3万回以上リツイートされ、賛同するリプライも多数。『幽遊白書』の幻海師範や「頑固なメカニックマン」など、憧れの老人像を挙げる人も見られます。

 投稿主のボマーンさん(@bomarn)は、『魔法少女は笑わない』などを手がける漫画家。『悪のボスと猫。』の2巻が、2018年に発売される予定です。


悪のボスと猫。 『悪のボスと猫。』第1巻書影(Amazon.co.jpより)

画像提供:ボマーンさん(@bomarn

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう