ニュース
» 2017年11月28日 17時15分 公開

水の味を自由に変えるSFチックなグラスが開発中 光・香り・電気で味覚を刺激

どんな味にしても飲むのは水なので、ヘルシーではある。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 注いだ飲み物を好きな味に変えられるグラス「Vocktail」を、シンガポール国立大学の研究者が開発中です。単なる水すら、アプリで指定した色と味に……なにそれ、こわいけどすごい。


システム構成 専用アプリとセットで使用

水 注いだのは単なる水

アプリ アプリで色や味を設定すると……

カクテル 指定した通りのカクテルに!

 LEDや3種類のアロマボトルを内蔵したグラス型の装置。スマートフォンアプリからBluetooth経由で信号を受け取り、指定された色と香りを放ちます。さらに飲み口に配された電極から流れた電気が舌を刺激。視覚や嗅覚への刺激と合わせて、味を感じさせるわけです。


電極 電気による刺激が味覚に変化をもたらす

 現段階では、酸味・苦味・塩味の再現が可能とのこと。水をお酒や炭酸飲料と同等にできるわけではないですが、ベースをワインや炭酸水にして、味を足すことは可能です。また、味の設定をネットで配信し共有するといった使い方も考えられています。


バーテンダー宅配 バーと同じ味を自宅で味わえたり?

 Vocktailへの反応はTogetterにもまとめられており、「どんな味のドリンクもノンカロリーで飲める」「食事に制限のある人に良さそう」「電気刺激で味を作るのは怖い」「究極のディストピア飯」など、さまざまな意見が。似た装置が登場する星新一のショートショート『味ラジオ』(短編集『妄想銀行』収録)を連想する人もいました。現実がSFに近づくのはワクワクしますが、同作のようにシステムの不具合がパニックを引き起こしたりしませんように……。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう