ニュース
» 2017年11月29日 17時30分 公開

アース製薬、「殺虫剤」の呼び方を「虫ケア用品」に変更 人体や環境にやさしいイメージに

アース製薬広報に聞きました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 アース製薬が「殺虫剤」という呼び方をやめ、「虫ケア用品」という新名称を採用したことが明らかになりました。


 同社は10月27日、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナー(家庭用殺虫剤、虫よけ、肥料、培養土及び除草剤)に就任。これを契機に「殺虫剤」の呼び方の見直しを行うことにしました。

 「虫ケア」という聞き慣れない言葉に対し、Web上では「店員に伝わらなそう」「人間を敵に回すことにしたの?」といった困惑の声も。なぜこの呼び名を採用したのでしょうか? 同社の広報に聞きました。


「いきなり定着するとは考えていない。地道に広めていければ」

―― 「虫ケア」と聞くと、虫を手助けする意味合いに受け取る人もいるようですが、新名称の意味をあらためてご説明いただけますでしょうか。

広報:確かに、「なぜ虫をケアするの?」といった声は一部届いてきています。「虫ケア用品」のケアとは、「世話をする」方のケアではなくて、「注意を払う」方の意味合いで使っています。「ニキビケア」や「エイジングケア」などと同じく、「問題に対しケアをする」という意味合いです。

―― 新たな呼称を考えたのはなぜでしょうか。

広報:これまで「殺虫剤」という言葉を聞くと、その語感からどうしても「毒性が強そう」「環境に悪そう」と感じるお客さまが一定数おり、それが虫対策をおろそかにする一因になっていると感じていました。弊社では「生命と暮らしに寄り添い、地球との共生を実現する」ことを経営理念としており、製品の安全性には特に注意を払っています。製品の成分には天然由来のものもあり、“虫を殺す”というより“人を守る”ものであることが伝わる言葉をいろいろと検討していった中で、「虫ケア用品」という言葉に決まりました。

―― 「虫ケア用品」に含まれる製品はどういったものになるのでしょうか。

広報:殺虫成分を含むもの以外にも「ごきぶりホイホイ」など、虫対策のための用品全般が対象になります。

アース製薬、「殺虫剤」の呼び方を「虫ケア用品」に変更 人体や環境にやさしいイメージの定着はかる 「虫ケア用品」には虫よけスプレーなどの忌避剤も含まれる(画像は公式サイトより

―― 今後広告などで「虫ケア用品」という言葉を打ち出していく予定などはあるのでしょうか。

広報:CMなどで大々的に宣伝していくというよりは、まずは同業他社や小売店などに名称の意図を地道に説明していき、少しずつ浸透させていきたいと考えています。「殺虫剤」という名称は長年使われてきたものですので、いきなり新名称を定着させるのは難しいと思いますが、少しずつ定着させていければと考えています。




 「殺虫剤」は既に一般に定着している言葉なだけあり、いきなり呼び方を変えると言われるとつい困惑してしまいますが、理由を聞いてみるとわりと納得ができるものでした。ですが、虫対策用のグッズ全般を「虫ケア用品」と呼ぶのであれば、殺虫作用の強いものは引き続き「殺虫剤」と呼んだほうが語弊がなさそうな気も。今後、この新たな呼び方がどのように受け止められていくのか、見守っていきたいところです。

※追記:本文を一部修正しました(18時22分)



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう