ニュース
» 2017年11月29日 16時31分 公開

「知的財産教育協会財団」を名乗る架空請求ハガキにご用心 「著作権侵害訴訟」の名目で不安をあおる手口

ハガキに書かれた電話番号にかけるのは禁物。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「知的財産教育協会財団」を名乗る団体から、「著作権侵害訴訟最終通知書」なるハガキが来た――そんな報告がTwitterに投稿され、話題となりました。記載された電話番号を検索したところ、相手先が架空請求詐欺業者であるとの情報が出たことから、投稿主のゆきんこさん(@tntnlemon)は電話しないようにと注意を呼びかけています。


架空請求ハガキ もっともらしいことが書いてあるようでいて、ハガキには不備が多数 (画像提供:ゆきんこ(@tntnlemon)さん)

番号 (画像提供:ゆきんこ(@tntnlemon)さん)
番号 投稿主が検索したところ、電話番号の相手先は架空請求業者との情報が (画像提供:ゆきんこ(@tntnlemon)さん)

 ハガキには「貴方のインターネット利用による著作権侵害の訴訟準備期間に入りました」「このまま連絡なき場合、原告側の主張が全面的に受理され、裁判後に差押えを〜」などと不安をあおる文面が。しかし第一報にもかかわらず「最終通知書」であったり、印刷書式に不備があったりと粗が目立ちます。消印は11月25日となっていますが、異議申し立ての期日が到着時期の28日。猶予がまるでなく、受取人を焦らせて電話するよう誘導する手口とみられます。


消印 ハガキの到着は28日ごろ、消印を見ると出されたのは25日。仮に正式な訴訟だとすれば異議申し立ての猶予があるはずですし、そもそもハガキでは来ません (画像提供:ゆきんこ(@tntnlemon)さん)

 ツイートには「本当に訴訟であればハガキではなく、『特別送達』の封書で来る」との指摘が多数。ゆきんこさんが消費生活センターへ報告した際も、裁判所から特別送達で届いたもの以外は無視してくださいと回答があったとのことです。

 事態は正規の団体である「知的財産研究教育財団」も把握し、知的財産研究所の公式サイトで「当財団の名称に似た財団名を称した通知にご注意ください」と注意喚起。当該するハガキと同財団は一切関係なく、同事案については警察と相談し対策を進めているとのことです。


知的財産研究所 知的財産研究所の注意喚起


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう