ニュース
» 2017年11月30日 22時30分 公開

古いフィルムで撮影したら亡父が撮っていた幼少期の自分が写り込んだ―― 過去と現在の多重露光が感動を呼ぶ

亡き父と現在の息子のコラボに涙。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 期限切れのフィルムで撮った写真を現像してみたら、そこには亡き父が撮った過去の自分が写り込んでいた――そんな奇跡のショットがTwitterで感動を呼んでいます。


奇跡 中央に写っているのが現在。背景には幼少期の投稿主が写り込んでいる

奇跡 ネガフィルムもまた味わい深い

 投稿主のびすけさん(@Uki_pic)は母親から18年前のフィルムをもらい、写真仲間との撮影旅行や大学の友人との釣りで撮影に使用しました。ところが現像してみると、写真には家族で行った遊園地など、幼少期の思い出がうっすらと。実は、フィルムは亡くなった父親が既に使っていたもので、重ね撮りによって過去と現在が同時に収められていたのでした。


奇跡

奇跡

奇跡 おぼろげに浮かび上がる数々の思い出

 「父は親友のように接してくれて、よく『お前と同級生だったら最高の青春だっただろうな』と言われました」と、編集部の取材に答えるびすけさん。おかげで反抗することもなかったそうで、お父さんのほがらかな人柄がうかがえます。


奇跡 左側に、両親の姿が……

 「今は天国にいる父と僕が撮った写真が多重露光になるなんて少し泣きそうです」と結ばれたツイートには、感涙したとの声が多数。「デジタルにはできない奇跡」「お父さんの思いが写真に伝わっているよう」「両親を大事にしように思った」など、みなさん写真のストーリーから、さまざまな思いを巡らせているようです。


奇跡 フィルムのサムネイル

奇跡

奇跡 ネガはきっと宝物になることでしょう

画像提供:びすけさん(@Uki_pic

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう