ニュース
» 2017年11月30日 18時48分 公開

NTT東西、ADSLの提供を2023年1月で終了 ISDNも新規申込の受付を停止

フレッツ光の提供エリアが対象。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NTT東日本NTT西日本が、「フレッツ光」の提供エリアにおける「フレッツ・ADSL」の提供を、2023年1月31日で終了すると発表しました。


ADSL東 NTT東日本の発表

ADSL西 NTT西日本の発表

 理由は利用者の減少と、関連物品の製造終了による保守物品の枯渇。両社とも新規受け付けは既に終了しており、利用中のユーザーに対しても、フレッツ光または「光コラボレーションモデル」の光アクセスサービスへの移行を提案しています。

 NTT西日本の場合、終了時期は2017年12月1日以降にフレッツ光の提供を開始するエリアについても同様。自治体と連携してADSLを提供しているエリアは対象外となります。

 また、両社は「フレッツ・ISDN」についても、フレッツ光提供エリアを対象に、11月30日で新規申込の受け付けを終了。利用中のユーザーおよび、既に申し込み済みで2019年5月31日までに開通したユーザーには従来通りサービスを提供するとのことです。


ISDN東 NTT東日本の発表

ISDN西 NTT西日本も同様の発表


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう