ニュース
» 2017年12月01日 08時30分 公開

東京メトロが「トイレ空室状況提供サービス」実証実験 個室が空いてるかどうか分かる

空いてるトイレを探せます。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 東京メトロは「トイレ空室状況提供サービス」の実証実験を行います。場所は池袋駅(東京・池袋)、期間は2017年12月1日から2018年2月28日です。


トイレ空室状況提供サービス これで一目瞭然です

 このサービスは、池袋駅のトイレ空室状況を東京メトロ公式アプリで案内するというもの。各トイレの個室にセンサーをつけ、その情報をサーバーに送ってアプリに反映させます。


トイレ空室状況提供サービス トイレの稼働状況分析やニーズの検証が実験の目的です

 アプリの「メトロラボ2017」から「トイレ空室状況」を選択すると、東京メトロ池袋駅にあるトイレの空室状況が表示されます。さらに「場所確認のボタン」を選ぶと、池袋駅構内マップが出て、トイレの場所が分かります。東京メトロは、実験期間の利用状況を踏まえてサービスの拡大を検討しているとのこと。

 ちなみに東京メトロ池袋駅のトイレは丸ノ内線エリア(丸ノ内線 中央通路東改札近傍)、有楽町線エリア(有楽町線 南通路西改札内)、副都心線エリア(副都心線 西通路東改札内)の3カ所と、有料トイレ(Echika池袋 ESPACE PAUSE) があります。


トイレ空室状況提供サービス これで迷わず到着できます

 広く利用者の多い池袋駅内で空いているトイレを探すのは大変だと思う人も多いはず。このサービスが駅構内の移動時間やトイレタイムをより快適にしてくれるのではないでしょうか。

期間 2017年12月1日〜2018月2月28日

アプリ:東京メトロアプリ

対応OS:iOS 8.0以降、Android 4.4以降

利用料 無料(通信料は除く)



(クラタマスミ)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう