ニュース
» 2017年12月03日 10時00分 公開

「錆びた包丁」を約18時間研ぎ続けてみた → スポンジを「サクッ」と両断する圧倒的切れ味に

果てしない作業の先に……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 骨董品店で売られていた「錆びた包丁」を手作業で研いでみた動画がYouTubeで注目を集めています。よみがえらせる努力とその切れ味にビックリ。



 ひと目で見ただけで「もう使えない」と思ってしまうくらい、錆だらけで柿のようなオレンジ色に染まってしまっている包丁。そのためまずはサンドペーパーで表面の錆を落としていく作業から始まります。

 何回も繰り返して落としていき、さらに持ち手部分(柄)も取り外しては中まできれいに。ここまででなんと約7時間かかっています。


錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube これを手作業で研ぐというのか……

錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube まずは表面の錆を落とす作業から

錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube 柄も新たに購入して取りかえています

 ここからついに砥石で包丁を研ぐ作業に入りますが、もちろんこちらもまた長丁場。6種の砥石を使ってひたすら研いでいく様子は早送りでも長く感じるほどで、最後の仕上げの砥石が終わる頃には驚異の約18時間という作業時間に(!)。ここまで一気にやり遂げるすごさ……。


錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube はじまる果てしない研ぎ作業

錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube 研いで……

錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube 研いで…………

錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube 完成するころには約18時間が経過

 そして見違えるほどきれいになった新品同然の包丁は、紙を鮮やかに「スッ」と切り、丸めたおしぼりも一回で「スーッ」と切り、さらにスポンジに関しては「サクッ」と心地よい音を立てて切ることが可能に。めっちゃ切れ味すごいことになってる……!

 投稿者のコメントによると、この包丁は新品価格約65万円(10本セット)のうちの1本で、骨董品店では3000円で購入したとのこと。なお、久しぶりに研いだため腕が筋肉痛でバキバキになったそうです……本当におつかれさまです。

 コメント欄では「すごい」「素晴らしい」と称賛の声や「何故ベストを尽くした」といった声、また包丁からの「ありがとう」を代わって伝える声なども寄せられ、11月30日現在200万回再生を達成する人気となっています。


錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube めっちゃきれいです

錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube ここまで美しくなるとは……

錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube 切れ味すご!

錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube錆びた 包丁 18時間 研いだ結果 切れ味 YouTube ちょっとした音フェチ動画にもなっています

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう